美肌になるには20代のスキンケアが肝心!10年後も美しく

美肌になるには日々のスキンケアはとても大切です。

「まだ20代。若いから大丈夫!」なんて油断していませんか?

そんな方は要注意ですよ。

あなたがスキンケアを怠り、安心しサボったツケは30代以降に現れてきます。

「これから先の人生で今日が一番若い!」10年後、20年後に後悔しないためにも、年齢に合わせたケアで美肌づくりを。

美肌になるために20代の「今から」出来ることを

img_6053

老化は気付かないうちに進んでしまうものです。

「若い頃にもうちょっと、こうしておけば良かった…。」そう思うことのないよう、10年後も美肌でいるために20代の「今!」出来ることをしましょう。

20代はまだ肌が健康。そして水分量もたっぷり。

ターンオーバーも順調なので、うっかり日焼けしてしまったり、多少手荒なピーリングをしたりしても、そのダメージにはなかなか気がつきません。

問題なのは、あなたが気がつかずに日々それをくり返してしまうことなんです。

美肌はいつの時代も、いくつになっても女性にとっては憧れです。

人それぞれ肌の悩みは違うものの、美肌への憧れは皆おなじ、、、。

大人になってから、小さな子供の肌をみて「こんなにやわらかくて、すべすべでキレイな肌うらやましいぁ~」と思ったことありませんか。

子供の頃の肌のように戻ることは無理でも、20代の今から基本的な美肌ケアを身につけることによって、少しでも健やかな状態を維持することできるはず。

美肌になるには、基本的な知識をもち、 いつまでも若々しい肌を保つために日々の習慣として正しいケアを心掛けたいですね。

「美肌になるには!?」これさえ知っておけば美肌への近道

img_8079

皮膚に悪影響を与える原因は、大きく分けて2つ。

外からの刺激からくる「外的要因」と、体の調子からくる「内的要因」があります。

本来なら肌は外からの刺激に対して防御し、排出する機能を備えていますが、外的要因・内的要因が加わることでその防御力も低下し、さらに刺激を受けやすくなってしまいます。

image肌に悪影響を与えるおもな要因

【外的要因】

1.乾燥

肌老化を促進するものこそ、乾燥です。

表皮には「皮脂膜」や「角質層」などがあり、肌のうるおいを保つ役割がありますが、肌が乾燥すると角層の水分量が減少。

それにより、光の反射量が低下して肌がくすんで見えます。

加齢や紫外線、空気の乾燥などの影響で表皮の機能が低下して水分を保てなくなると、乾燥してカサカサの肌に。

また、乾燥で肌の表面が硬くなると、手触りもごわつき、メイクののりも悪くなり小じわやニキビの原因になります。

たかが小じわと侮ってはいけません。

乾燥じわは放っておくと、次第に大きく、深くなっていき大じわへと変化していきます。

2.酸化

「酸化」とは、酸素がなにかと結びつく働きのこと。

リンゴの切り口が茶色に変色したり、鉄がさびたり、黒ずんで臭いが変化した油なども酸化が原因です。

酸素を吸って生きている人間もまた、リンゴや鉄・油同様に酸化。これと同じようなことが体内でも起こります。

呼吸する度に体は酸化しているとも言えるでしょう。

体に取り込んだ酸素を使い、食べ物からの栄養素をエネルギーにしています。

このように酸素は生きるために不可欠ですが、エネルギーをつくり出す時に、取り込んだすべての酸素が使われるのではなく、2〜3%が残ってしまいます。

それがアンチエイシングの最大の敵であるフリーラジカルに変化。

フリーラジカルの攻撃を受けると皮脂が酸化し、過酸化脂質(肌サビ)へ。

真皮のコラーゲン線維などが活性酸素に攻撃されると、弾力やハリが低下。またニキビの原因になることもあります。

一旦、酸化が始まってしまうと次々と連鎖反応で広がってしまいます。

※フリーラジカルとは?

ペアになっていない電子を持つ原子や分子のこと。

ペアをつくるため、他の分子から電子を強引に奪い取ろうとします。

通常はペアで安定した状態を保っていますが、フリーラジカルは電子がひとつ足りないため不安定で、ほかの物質の電子を奪いペアになろうとするのです。

電子を奪いとられた分子を「酸化」されたといい、フリーラジカルは体内のあらゆるところで暴れまわり、遺伝子や細胞膜を破壊してエイジングを進めてしまいます。

※活性酸素とは?

酸素は人間にとって欠くことのできないものですが、この酸素が体内で変質しフリーラジカル化したもの。

酸素を含む物質の中で、特に活性が強く健康な細胞を破壊してしまう有害な分子。

同じ活性酸素の中でも、過酸化水素などはペアがいる電子なのでフリーラジカルではありません。

◇活性酸素を発生させる原因

活性酸素はさまざまな要因により発生。

  1. 紫外線
  2. 大気汚染
  3. 車の排気ガス
  4. 食生活
  5. 過度なストレス
  6. タバコ

また無理なスポーツも要因の一つです。

3.紫外線(光老化)

米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線(光老化)が原因と発表しています。

紫外線によるダメージは、真皮にまで到達。

シミやそばかすだけでなく、ハリや弾力まで奪い取ります。

紫外線によってもフリーラジカルは発生。

大気汚染やオゾン層の破壊による紫外線の増加などにより、フリーラジカルが非常に発生しやすい環境になっています。

つまり、繰り返し紫外線を浴びたり、年齢を重ねるにつれて、サビやすく老化しやすい肌になっていくのです。

【内的要因】

1.加齢(生理的変化)

加齢とともに細胞の働きは弱まり、皮膚全体の活性が低下します。

表皮では細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が十分に作られなくなると、バリア機能や水分保持機能が低下。

角層はごわごわした感じになります。

真皮では水分を保つヒアルロン酸や、肌弾力を保つコラーゲン・エラスチンなどをつくりだす能力が衰え、これが肌のハリの低下、シワやたるみの原因に。

増えすぎてしまった活性酸素を取り除く酵素の量は、30代以降になると減少。

20代、30代から乾燥による小じわが急増し、40~60代では深い大じわが目立つ傾向に。

2.栄養バランス

不規則で偏った食事は、体調不良や免疫低下を招き、肌状態を悪化させます。

とくにカフェインやアルコールなどの嗜好品は適度ならいいですが、どちらも神経興奮物質で中毒性もあるため、適量を越さないことが大事。

バランスの良い食事を心がけ、良質のたんぱく質と食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをまんべんなく摂取し糖分と油分の摂りすぎに注意しましょう。

いろいろな食材をバランスよく食べることで、体がサビないよう助けてくれる抗酸化作用を持つ「抗酸化物質」を無理なく摂ることができ、それらの作用により体内での活性酸素の害が減っていきます。

つまり、食生活やライフスタイルを見直して体内環境を改善しなければ老化は促進。

毎日の食事から活性酸素に気をつけていると、活性酸素の害を減らすことができ、さらに動脈硬化やがんになりにくく、老化を防ぐこともできるので結果、美肌につながることにもなります。

3.代謝の不調

血管の壁はコラーゲン線維などのたんぱく質でできています。

加齢とともに血管は硬くもろくなり、そして血行も悪く、、、。

血液の循環が悪くなると、肌に栄養が行き届かずハリや弾力の低下、肌の黄ぐすみの原因に。

さらに、高血圧や心臓病などの病気も引き起こしやすくなります。

4.ストレス・疲労

外からの有害刺激「ストレッサー」によって引き起こされる体の変化が「ストレス」です。

おもなストレッサーは4つに分けられます。

ストレスを引き起こす4つのストレッサー

  1. 物理的なもの:暑さや寒さ・騒音など。
  2. 科学的なもの:嫌な臭いなど。
  3. 生物学的なもの:細菌・ウィルスなど。
  4. 社会学的なもの:経済的な悩み・人間関係の悩みなど。

私たちには、自ら健康を維持するためにバランスを保とうとする力「ホメオスタシス(恒常性)」が備わっています。

恒常性という日本語訳からわかる通り、ホメオスタシスというのは変化に対して抵抗し現状を維持しようとする力のこと。

この自然の力は、脳がコントロールセンターとなり「内分泌系」「神経系」「免疫系」の3つの仕組みが相互に関連しあって機能しているといわれ、過剰なストレスがかかると脳の指令が乱れ、ホメオスタシスも乱れると考えられています。

image内分泌系

これは肌にも影響を与えています。

例えば、副腎皮質刺激ホルモンはメラノサイトにメラニン産生を促すといわれています。

そして女性ホルモンである「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」もメラニン産生を促すといわれていますが、これは肌の部位により差があり、またストレスによるホルモンの乱れなどによってもシミができるといわれています。

image神経系

体の活動時や昼間に活発になる「交感神経」と、安静時や夜に活発になる「副交感神経」があります。

その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。

ストレスを過度に受けると、リラックス状態を司る副交感神経より、交感神経が多く働くようになります。

一般的に交感神経が優位になると、心拍数の増加、血管を収縮させ、それにより血流を悪くし発汗を促進。

消化活動が抑制されるなどで、体調不良となってあらわれます。

image免疫系

自律神経と免疫は深い関係にあります。

ストレスを受けると、交感神経優位の状態が長時間続くということ。体内で有害物質が増えて、組織の炎症を引き起こしてしまうことに。

副交感神経優位に傾きすぎても良くなく、アレルギー症状が出やすくなるといわれています。

20代に人気のおすすめ化粧品TOP3

エトヴォス



目指すのはもっちり濃密うるおい肌❝乾燥の原因に立ち向かう攻めの保湿❞

ヒト型セラミドで憧れのぷるぷる肌へ~。

減少したセラミドは、化粧品で補えます!セラミド配合の化粧品でスキンケアすることで、肌の水分を保って外的刺激から肌を守り、キメの細かいなめらかな肌に整えます。

エトヴォスのモイスチャーラインは、保湿力に特化したスキンケアシリーズ。こだわりは『ヒト型セラミド』。

高価なセラミドを1・2・3・5・6IIと5種類も配合し、かつ、高配合な商品です。

2週間分お試し保湿ケア モイスチャーラインお試しセット。

お試し価格¥2,400→初回WEB限定¥500オフ→税抜¥1,900です。

「年齢的に極端に乾燥してきた」また、「超乾燥肌で、ニキビや肌荒れ」に悩んでいる方におすすめです。

◇ヒト型セラミド&ビタミンC誘導体に特化した、大人ニキビや毛穴ケア『ニキビ・シミ・そばかす・キメをトータルケアしてくれるスキンケアライン2週間お試し』もエトヴォスでは販売されています。
アクネケア2週間お試しセット

ディセンシア



うるおい保湿ケア「つつむ」シリーズ。

敏感肌の「乾燥・炎症・かゆみ」をケア ・敏感肌&乾燥肌の原因、肌のバリア機能をアップ!

高保湿なヒト型ナノセラミドをたっぷりと含んでおり、潤いをしっかり保って逃がさないという乾燥肌への基本的な対応ができます。

ヒフミド



小林製薬が開発した化粧品ブランド「ヒフミド」は、基礎化粧品の全てに「ヒト型セラミド」と呼ばれる高品質のセラミドを配合。

この「ヒト型セラミド」は人の肌に含まれているセラミドと同じ構造でできており、一般的な合成セラミドより3倍も吸収力が高いと言われています。

肌に優しくしっかりうるおいを与えてくれるので乾燥肌や敏感肌が気になる20代におすすめです。

まとめ

何事もそうですが美肌も「一日にしてならず」です。

紫外線や乾燥を避け、極力こすらないようにし、肌の摩擦による負担を減らしましょう。

少しでもあると一気に老けて見えてしまうシワ。

シワは20代から少しずつ目立ち始め、特に30代後半以降になると、目元のシワが段々と気になってきます。

いくら目元のシワはよく笑っている証拠といわれても、やはり目立たないに越したことはありませんよね。

美肌になるには正しいケアを続ければ、必ず応えてくれます。

また美肌になるということは、体も健康になるということにもつながりますね。

これからは生活習慣も見直し、肌が喜ぶケアを考えながら毎日を過ごすこと。

20代のスキンケアを怠ると、そのツケは30代、さらには40代へと移行してきます。

10年後に後悔しても、もう遅いのです。

日々の積み重ねが、10年後も10歳若いままの肌を保ちます。

数ある化粧品の中で、あなたの肌に合ったものを見つけるのは大変ですが、見つかった時にはあなたの肌の状態は目に見えて変わるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です