皮膚科で美肌になるには?治療とコスメで美肌への近道へ♡

美肌になるにはどうしたら良いのか?と日々追及しているあなたへ。

昔から「皮膚は内臓の鏡」といわれ、美しい皮膚を保つには、心身ともに健康である事が何よりも大切とされてきました。

美容と健康は表裏一体。健康な体こそ、美肌はつくられるのです。

毎日きちんとケアしている、生活習慣・食生活の見直しをするなど気を付けているのになかなか改善されないなど肌トラブルに悩む人は少なくありません。

なかなか改善されないしつこい肌トラブルなどは、美容皮膚科でその原因・症状にもっとも適した治療・施術を行うことが一番の近道でしょう。

一般皮膚科と美容皮膚科の違いって?

「一般皮膚科」と「美容皮膚科」の違いってなに?と思われている方は多いと思います。

一般皮膚科と美容皮膚科というのはどちらも医療機関で専門の医師が治療していくというのは同じ。

大きな違いとしては保険で治療できるかできないか、、、。

一般皮膚科」は、保険が適用される皮膚疾患に対する治療を施すところです。

外用薬や内服薬などで、疾患を治癒させることを最優先しますが、保険枠の中では提供される薬が限定されているため、どの病院でも薬はだいたい同じものが処方される。

美容皮膚科」では、保険枠に限定されない最新の美容医療から、そこのクリニックにしかないオリジナルの施術まで、さまざまな美肌治療を受けることができます。

皮膚疾患の治療だけにとどまらず、美容目的の治療ということで保険が利かない場合もありますが、患者のライフスタイルにも配慮した高度な医療を提供。

たとえばニキビ治療であれば、色素沈着・ニキビ跡が残らないよう見た目をも重視した治療をおこない、出来てしまったニキビを対処的に治療するのではなく、『ニキビそのものを繰り返すことのない肌へと根本から改善していく』というような原因療法を行っていきます。

治療ということで医師が保険治療と判断すれば保険が利くこともありますよ。

ですので、治療する前に保険で治療ができるのかできないのかという点は医師にしっかり相談してください。

また、もしかしたら「美容外科」と混同してしまい、メスを使うなどのイメージを抱いている方も居るかもしれませんね。

「美容外科」は、形成外科の医療技術を応用し、「目を大きくしたい」「フェイスリフトしたい」「鼻を高くしたい」などの美的な悩みに応えるところであり、外科手術などで身体の構造・形を美しく整え、外見的なコンプレックスの解決にあたる場所となります。

それに対し「美容皮膚科」は、美肌を生み出す専門。

皮膚の構造・メカニズムを熟知した美容皮膚の専門医が、皮膚の見た目の美的な質感にこだわり、メスを使わない美容医療で患者様の様々な肌トラブルの悩みを解決へと導いてくれます。

「美肌になるには」美容皮膚科的アプローチで美肌をめざす美容治療

《美容治療とは?》

医師による医療行為で美しい肌を。

医師が行う美容治療は、安全で効果も高いという期待から、近年急速にニーズが増えています。

レーザー・ピーリング・注射など、エステサロンでは扱われない技術を使い肌を若返らせたり、肌悩みを解消するなどの治療。

美容治療はまさに日進月歩で、さまざまな新しい技術がどんどん開発されています。

ドクターズコスメなどの開発や、スキンケアの指導に力を入れているクリニックもありますので、そういうクリニックの方が美肌になるにはおすすめです。

美肌になるにはドクターズコスメで近道♡

もし今あなたが肌での悩みが深刻な場合、ドクターズコスメを試してみるのもいいかと思います。

ドクターズコスメは、肌について詳しく、専門的な知識を持った医師が関わってつくられているため、肌に良いとされる成分が配合されている商品が多くあります。

ドクターズコスメを選ぶならクリニックを経営し、患者さんと関わっている医師が、経験や知識を生かし肌に良いものを開発した商品が良いでしょう。

特にニキビ・毛穴・くすみ・シミ・アンチエイジングなど、具体的に肌に悩みがある場合は、悩みに合ったドクターズコスメを使ってみる事で改善が見込める可能性があります。

ドクターズコスメの中で私自身アンプルールやフラセラは使用した事がありますが、アンプルールは肌のシミやくすみに確かに効いたと実感しました。

皮膚科医発おすすめドクターズコスメ

アンプルール




シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長、高瀬聡子さんが開発・監修したスキンケア のドクターズコスメのアンプルール。

肌年齢を若く保ちたい方に大変人気が高く、その質の高さは芸能人や美容のプロからも絶賛されるほどです。

使用するには医師の処方箋が必要だった美白成分「ハイドロキノン」を安定化させ、世界で初めて化粧品に配合。

美白化粧品は乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力で、妊娠中や30~40代の女性にできやすい肝斑にも使用可能です。

フラセラ




雑誌やテレビなどで多数紹介されている「美容皮膚科 わかばクリニック(六本木)」院長 工藤さやかさんが100%開発したドクターズコスメのフラセラ。

肌の悩みに結果がだせることを理念に掲げ、開発された化粧品の数々は、皮膚科での治療後のケアとしても大変高い評価があります。

フラーレンや数種類の美肌成分を贅沢に配合し、7年以上の歳月をかけて完成させたスキンケア。

今まで他の化粧品を使ってあまり実感できなかった方でも、ご満足頂けるドクターズコスメです。

フラセラ化粧品(プレミアムトライアルキット)を使用された方の92%が実感していることでも有名。

特にフラーレンとAPPS採用の化粧品のラインナップは、自宅でケア(予防・維持)だけでなく、治療のできる化粧品です。

ジュランツ




高須クリニックの美容皮膚科の医師である、高須英津子さん開発のドクターズコスメがジュランツ。

目指したのはトラブルのない美肌。

美容医療を担う皮膚科医として日々患者と向き合う中で、女性の肌のトラブルや悩みを解消するには、角質ケア・肌のターンオーバーを正常な状態へ導くことであり、すべてはこの2つが基本であり、この2つに尽きます。

その目指すところは、ホームケアにおいても何ら変わらず、肌は手間暇かけて育てていくと必ず結果がついてきます。

こだわり成分「3GF」 ジュランツはここに着目し、肌が本来持っている、 細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)という機能を高めることを考え、こだわったのは肌細胞の再生を活性化するEGF、 FGF、IGFという3つの成分。

再生医療にもつながる3GFの有効性は、美容皮膚科で治療を受ける患者の肌状態の変化からも実感しているそう。

肌の再生力を目覚めさせる3GFをほぼすべての製品に配合。

結果の出せる化粧品しか造らないという理念の基、肌トラブル別に使えるブランドが用意されています。

主成分として「フラーレン」を配合。

期待できる効果として

  1. メラニン(シミ)の抑制効果
  2.  活性酸素除去
  3. 毛穴の引き締め
  4. 角質層の補修

体の奥の細胞から活性化を目的とした美肌成分です。

加齢とともに増えるシミ、シワ、たるみがこの「フラーレン」配合のフラセラ化粧品を使い続けるだけで、若々しい肌を保つことが期待できます。

まとめ

最近では美容治療が身近になり、ヒアルロン酸・ボトックスの注入、レーザー治療などの言葉も広く知られるようになりました。

美容医療をする前には、大手の美容皮膚科のHPなどをご覧になって、自分がどうなりたいか、どのくらいお金をかけられるかを明確にしてから受診される事をおすすめします。

湿布・導入系・注射系・マシン系など、いろいろな方法があって選ぶのも大変ですので、受診して信頼できるドクターに相談してから決めるのというのもよいですね。

そのうえで治療を受けるかどうかは、自分の意志で決めましょう。

美肌になるには、皮膚科での美容治療はメリットとデメリットを正しく理解し、自分で選択するということが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です