入浴前にたったこれだけ♡美肌になるにはコレ!その方法とは

「美肌になるには」入浴前にコレ!をすると美肌になれるといわれています。

入浴は、美肌を目指すあなたにとって欠かせないもの。

それは、、、入浴前にほんのひと手間をかけてあげるだけ。

肌にとって正しい入浴法で入ると、美肌を目指せるというものなんです。

いつもなにげなく入っているお風呂であなたも美肌を手に入れましょう。

入浴前にメイクを落とすなら保湿ケアは必須

IMG_8527

あなたは家に帰ったらすぐにメイクを落としますか?

それとも入浴前?または入浴中?入浴後?

人それぞれ、いろいろなタイミングでクレンジングを行っていると思います。

美肌になるには、入浴前と入浴中・入浴後、どのタイミングで行ったらより肌にやさしく、汚れを落としやすいのでしょうか。

メイクを落としてすぐの肌は、クレンジング剤で汚れを落とすと同時に、肌を保護していた皮脂膜も取り去った状態。

「美肌になるには」と日々追及しているあなたにとって、もっとも怖いことは体が温まって毛穴が開くとさらに水分が蒸発しやすくなるのと同時に、角質が水分を抱え込んで膨張することで、肌の天然潤い成分までもが流れ出てしまうこと。

皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂(油分)汗腺から出る汗(水分)によって構成された天然のクリームです。

人の体温に近い35~36度くらいで融けて広がり、肌表面に薄い皮膜を形成します。

皮脂膜は、外界の刺激から肌を保護するとともに、肌水分の蒸散を防ぐという役割を果たしています。

つまり、皮脂膜が無ければ、肌は無防備な状態となり、肌水分(角質層の水分)も失われやすくなります。

ですので入浴前にクレンジングした場合、このまま何もケアを行わずに湯船に浸かるのはNG!

乾燥が加速され、より肌にダメージを与えてしまうため、入浴前のクレンジングと洗顔は、肌のためにはやめた方が良いのですが、どうしても入浴前にメイクを落としたいのであれば、オイルや化粧水などできちんと保湿ケアをした後にしましょう。

そして洗い流すときはぬるま湯を使い、勢いの強いシャワーは使わない。

これは、一年を通していつ洗顔する場合も守りたいこと。

洗顔に適した温度は32℃くらいです。

体温よりやや低めで、湯船のお湯よりはぬるめの温度が適温。

その理由は、顔の表面温度は32~34℃だから。

皮膚の温度が28℃より下回ると乾燥肌につながってしまいます。

顔から皮脂が溶け出す温度は30℃と言われていて、この温度で洗うことにより、皮脂が皮脂腺から自然と顔の表面に浮き出たところを洗えるという理由です。

皮脂やファンデーションでベタつくからとしっかり洗いたいという気持ちになりがちですが、熱すぎるお湯で洗うと必要な水分や油分まで流してしまい、逆に冷水では皮脂が落としづらくなります。

またシャワーを使うと肌に余計な刺激を与えてしまうので、思わぬダメージを与えてしまうことに。

クレンジング・洗顔・すすぎはやさしく行い、温度も守りましょう。

美肌になるには♡入浴前にクレンジングするならこれがおすすめ

『ドゥオ ザ クレンジングバーム』がおすすめです。

ドゥオ ザ クレンジングバーム

プレミアアンチエイジング

W洗顔不要。クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント。

これひとつで5つの機能。今ならサンプルセットもプレゼント!

入浴中なら、マッサージ効果もありますよ。

クレンジングを入浴前にするか、入浴中にするのか?

この商品ならどちらもOKですが、先にクレンジングをして1日の汚れを落としたあと、入浴中リラックスしながらマッサージしながらも効果的ですね。

浴室の温度・湿度は、マッサージをするのに最適な場所でもあります。

マッサージをすることによって、血行が良くなり、この「ドゥオ ザ クレンジングバーム」には、ソフトピーリング効果もあるため古い角質が取れ、肌のくすみも解消されていきます。

また古い角質が取れるということは、硬くなった皮膚が柔らかくなっていく証拠。

古い角質が剥がれターンオーバーも整ってくることにより、次に続く化粧品の浸透も良くなります。

入浴前に水分補給

IMG_8551

美肌になるには入浴前に15~30分までに、最低でもコップ1杯分の水分補給をしましょう。

入浴中の発汗量とはどれくらいかご存知ですか?

41℃のお風呂に15分間入浴後30分間安静でなんと、約800mℓもの水分が失われてしまいます!

入浴時は自分で感じている以上に発汗。

入浴すると発汗により血液粘度が高まり、血液がドロドロ状態に。

体が水分不足になると血液の流れが悪くなり、肌荒れをも引き起こします。

さらに、水分不足は便秘を引き起こすため、それも肌荒れの原因になるのです。

入浴後は喉が渇くので、みなさん自然に意識せずに水分補給をすると思いますが、入浴前にも水分補給をするのが重要なポイント。

また、入浴前には常温か、温かい飲み物がオススメ。

入浴前に温かい飲み物を飲むことで内臓をじっくり温め、そのあとにお風呂で外側から温められることで、代謝も上がり、たくさんの汗をかきやすくします。

「緑茶」には美肌効果があります。

入浴前に緑茶を飲むことで、普通に緑茶を飲んだときよりも7倍もカテキンの吸収量がアップするということが明らかになりました。

入浴前の白湯も脱水予防には良いのですが、緑茶なら美肌効果が高まるのだそうです。健康だけではなく美容に効果が期待できます!

緑茶を取る上で女性にとって嬉しいのは、何といっても、、、。

  1. 老化を促す活性酸素を解消してくれる
  2. 紫外線にも対抗出来る

というのでアンチエイジング効果も期待出来ること。

また、お茶を飲むことによりホルモンバランスを整えられ、ニキビ対策やダイエット効果もあるといわれています。

【上級煎茶駿河路 最上茎茶 国産 お試し セット 】

 

人気の2種類のお茶を、540円(税込)、送料サービスでお届け。

このセットは、No.1、No.2のリピート率を誇る2商品(駿河路と最上茎茶)です。

お1人様1回限りのご注文なので是非この機会に利用してみてください。

入浴前の準備が整ったらここからはあなたのリラックスタイム♡

あなたは普段の入浴、または暑い時期などシャワーだけで済ませていませんか?

ムシムシ暑い梅雨の時期から夏にかけてこそ、ゆっくりと入浴して汗をかく必要があります。

じっくりといい汗をかくことができるので、湯船に入ることはとても大切。

ただ、一番風呂は肌を刺激して肌荒れや乾燥の原因になる塩素が多いです。

二番風呂だったら先に入った人の脂質とタンパク質と結びつく事で塩素は減っていますが、レモン汁をスプーン1杯入れることでも塩素を減らす事ができます。

レモン汁が無い場合は、アスコルビン酸Naが入っている入浴剤などでも同じ効果があるのでおすすめ。

 

《お湯の温度が自律神経に与える影響》

・熱めのお湯

めまいがするほどの熱いお湯は危険ですが、41℃以上のお湯は交換神経(興奮や緊張しているときに働く神経)の働きを高めて、神経を覚醒させます。

朝スッキリと目覚めたければ、適度に熱めのシャワーを浴びたり、湯船につかりましょう。

ただし、体温が高いと寝つきも悪くなるため就寝まで1時間以上はあけるように。

・ぬるめのお湯

夏は38~39℃、冬は38~40℃目安にぬるめのお湯に入ると副交感神経(リラックスしているときに働く神経)の働きが高まりリラックスできます。

疲れているときは、額が汗ばむまでゆっくり入ると効果的です。

運動後は20分以上入り血液を循環させると、乳酸をエネルギー源に変えるといわれています。

美肌になるには=生活習慣やリズムを整えるには、「正しさ」と「気持ちよさ」が必要。知識を目安にしつつ、五感の感覚を大切にしましょう。

洗うのは汗をかきやすい顔、胸、脇、お尻、股の5ヶ所のみ、それ以外はお湯で流すだけでOKです。

入浴はリラックス作用もありますし、一度体温を上げることで、寝つきも良くなります。

美肌になるには質の良い眠りが重要で、肌にとってのゴールデンタイムは、眠りに落ちた3時間なので美肌につながると言うことになりますね。

いい汗にはどういう効果が期待できるのか

IMG_8543

特に女性にとってはうれしい美肌につながります。

サラサラした汗は蒸散しやすいだけでなく、皮膚表面の角質から吸収されやすいため、保湿作用があり、さらに、汗をかくと皮脂腺の分泌が盛んになり、新鮮な皮脂が汗と一緒になり皮脂膜を形成。

そして、内側から水分が蒸散するのを防ぐと同時にウイルスなどの侵入を防いでくれます。

さらに、皮脂膜には善玉常在菌である表皮ブドウ球菌がすみ着き、汗から分泌される抗体「免疫グロブリン」と相まって、免疫力を高めてくれるんです。

シャワーではなくきちんと湯船に浸かっている人は肌がきれいなはずですよ。

入浴後はすぐに保湿

美肌になるには基本中の基本。

1秒でも早く保湿しましょう。

やわらかいタオルを使って肌の余分な水分を拭き取ります。

肌がまだ潤っている3〜5分以内を目安に化粧水・乳液・ワセリンや体にはボディークリームなどの保湿剤を塗りましょう。

水分をそのまま自然乾燥させると、余計に肌が乾燥してしまいます。

肌の水分を完全に拭き取らず、少し潤いを残し、“肌が乾く暇を作らず保湿”することが大事です。

汗をたくさんかくとデトックス(解毒)になる?

なりません!そして毛穴もキレイになりません!

誰が言い始めたのでしょうか、、、。

汗をかくことで体内に溜まった毒素や老廃物を排出できるという話は良く耳にします。

未だにそれを本当の話だと信じている人も多いんですよね。

これは、医学的な根拠もない正しくない情報です。

毒素や老廃物といわれるものは腎臓で濾過され尿から排出。

皮膚は排泄器官であっても毒素や老廃物までは排出してません。

ただお風呂に入ることにより、体が温まる影響で肝臓や内臓の働きがよくなって、腎臓の働きを高め利尿作用を促し、毒素や老廃物の排出効果が高まるということです。

体内にたまっている毒素のほとんどは肝臓で分解され、汗や髪の毛、爪や尿・便などから排出されるようになっています。

便によって排出される割合が約7割と圧倒的に多く、汗で毒素が排出されるのは全体の3%ほどしかありません。

それからデトックスと似たような話ですが、汗をかくことで毛穴の掃除になり毛穴がキレイになるという話もありますね。

これも思い込みです。汗をかいても毛穴はきれいになりません。

誤解している方が多いんですが、汗は皮脂と同じ毛穴からでてくるわけではありません。

体温調節などで出てくる汗はエクリン腺(汗腺)から分泌されますが、汗孔(汗の出口)という毛穴とは別の穴からでてくるからです。

毛穴の中にはアポクリン汗腺がありますが、ワキの下や耳の中・乳輪・陰部・肛門など限られた部位に存在する汗腺。

汗をかくと「毛穴がきれいになる」と言われるのは、汗をかくことで毛穴に詰まった皮脂と一緒に内側から押し出すというイメージからだと思うのですが、 汗は汗孔という違う穴から出てくるためそんなことことはありえないんです。

これまで頑張ってサウナや長湯したりしてたくさん汗をかいて、毛穴がキレイになって「デトックス出来たー」と思っていた方は悲しいことにそれはすべてムダな努力だったということです。

これは知識として覚えておくと良いでしょう。

まとめ

入浴前のクレンジング後の保湿ケア・1杯の緑茶を飲む習慣を心がけることで美肌へ導くことができます。

美肌になるには、入浴前にちょっとひと手間かけてあげてみてください。

リラックス後は、肌の水分をキープすべく対処し、うるツヤ肌を保ちましょう。

今日から目指せ湯上がりたまご肌へ! ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です