肌の粉吹きケア対策【混合肌の乾燥どーにかしたい!!】

混合肌悩み・・・」といえばTゾーンが脂っぽくベタベタしテカってしまうこと、Uゾーンが乾燥しカサカサと粉吹きしてしまうためスキンケアはなにを使えばいいのか、と悩んでしまうことでないでしょうか?

ファンデーションを塗り、時間が経つにつれUゾーンがカサつき粉吹き状態。

そんなトラブルは自分に合ったスキンケアで改善できます。

油分と水分のバランスが崩れ粉吹きトラブルを起こす混合肌

img_7777

暑くもなく、汗もかいていないのになぜか顔がテカテカしてしまったり、ファンデーションが浮き化粧崩れしてしまったり…。

パーツによってテカったり、カサカサ粉吹き状態。

混合肌の一番の悩みはやっぱりこれですよね。

混合肌の乾燥が気になる方の多くは、空気の乾燥する季節になると、もともと皮脂分泌量の少ないUゾーンを中心にカサカサと皮が剥けたり白く粉吹きしたりしてしまいます。

どんなにスキンケアに気をつけていても、なかなか改善してくれないUゾーンの粉吹きは、ファンデーションで隠そうと思っても隠しきれないので本当に困ってしまいますよね。

実はこの粉吹き、肌の乾燥が原因なのですが、ただ皮が剥けているのではなく、乾燥して粉々になった肌表面の角質が剥がれ落ちずに残ってしまっているのが原因。

また、肌が乾燥するとターンオーバーがスムーズに行われなくなり肌の調子が乱れ、不要な角質が剥がれおちにくくなります。

剥がれ落ちていない不要な角質が原因で粉吹き状態に。

特に乾燥するUゾーンの粉吹き対策

Uゾーンの皮膚は皮脂分泌量が少ないため、特に乾燥しやすく秋冬だけでなく春先でも粉吹きに悩む方が多くいます。

【なぜ、Uゾーンだけ乾燥肌が悪化?】

Uゾーンはなぜ乾燥しやすいのでしょう?

おでこや鼻などTゾーンは皮脂が多いのに、頬から顎にかけてのフェイスラインのUゾーンは乾燥する…。

その原因は皮脂を分泌する皮脂腺の量にあり、Tゾーンは皮脂腺が多いため皮脂の分泌量も多く、逆にUゾーンは皮脂腺が少ないため肌内部の水分が蒸発しやすく、乾燥しやすいのです。

【混合肌の粉吹きを予防するポイント】

img_7779

《食生活を見直し、粉吹き改善》

乾燥しにくい肌へと改善するためには、食生活の見直しも不可欠です。

特に粉吹きなどへの症状を改善したい場合は、ビタミンCや色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素のβカロテンが非常に効果的。

βカロテンは、体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、ビタミンAとしても効果を発揮します。

人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つために必要不可欠な成分のβカロテンを積極的に摂取することで、より効果的に混合肌の粉吹き予防対策を行うことができます。

さらに角質を剥がすためにスムーズなターンオーバーを促すためには、血流や代謝の改善考えていかなければいけません。玉ねぎ・ニンニク・しょうがなどがおすすめなので合わせて積極的に摂りましょう。

バランスのとれた食生活が大切です。

《しっかり睡眠をとる》

私たち人間は、眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。

肌水分を保持しているセラミドは細胞分裂とともに生み出されるため、寝不足によって分泌されるホルモンの量が減るとそれに比例しセラミドの生成量も減少してしまいます。

肌は眠りに落ちてすぐの3時間くらいが一番成長ホルモンが分泌されます。遅くても12時までにはベッドに入りましょう。

質の悪い睡眠ではなく、短時間だとしても質の良い睡眠をたっぷりとって肌のターンオーバーを整えることが大切です。

《その他、室内の乾燥など外的要因》

私たちの生活を快適に過ごせるようにするためには、エアコンは欠かせませんよね。

でも、エアコンは空気が乾燥するので肌も乾燥しがちになります。

それを防ぐために、エアコンを使用するときは加湿器を併用して部屋が乾燥しすぎないように気をつけると良いでしょう。

しかし、空調が管理されていることの多いオフィスなどの室内では、マスクをするなどし肌を乾燥から守る工夫が必要です。

その他、間違ったスキンケア(擦りすぎ・合わない化粧品)や、日焼けなど乾燥しやすい生活習慣をもっているケースもおおいにあります。

ぷるぷるなうる肌になるには、保湿成分をたっぷり補いケアすることが大切

基本的に肌ケアはなにをおいてもまず保湿!というのが基本。

混合肌さんは、TゾーンにもUゾーンにもたっぷり水分を与えて保湿する必要があります。

粉吹きなど肌荒れの改善方法として、化粧品選びを見直すことはとても重要。

肌荒れのときは、化粧品を全く使わないようにすべきだと思っている人も多いと思いますが、粉吹きの一番の原因は乾燥。と、いうことは「いつも以上にしっかりした保湿」を心がけなければいけないのです。乾燥した肌をそのまま放っておくのは間違い。

そんな肌荒れの大敵である「乾燥」は、肌の保湿成分である『セラミド』が減少してしまうことにより、起こってしまっているのです。

『セラミド』は角質層の中にある、細胞間脂質の主成分で、スポンジのように水分や油分を抱え込み、保湿する働きがあるので健康的な肌には、『セラミド』がたっぷり含まれていてみずみずしいです。

健康でみずみずしい肌は、バリア機能もしっかりしているので、肌トラブルも起きにくいということ。

間違ったスキンケアなどで、大事な『セラミド』を減少させていては、いくら保湿しようと水分を与えても、保湿力がないので、水分は保たれないので、まずは保湿力を高めることが肝心です。

肌に合わない刺激の強いものは使わないようにするのは、もちろんですが、保湿成分『セラミド』が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

さらに、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンC誘導体・アミノ酸・グリセリンなどの成分も配合されている美容液なども一緒に使うことでさらなる相乗効果も期待できます。

ひどい肌荒れ、粉吹きも正しい保湿をすることで肌が健康な状態になっていき、肌荒れしにくい肌へと変わってくるはずです。

水分を蓄えられる肌にする(高保湿)乾燥肌向けの化粧水、中でも保湿力の高いセラミド配合の化粧水がおすすめ。

混合肌の粉吹き対策におすすめ化粧品7選

エトヴォス



皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』。

保湿に大切な「ヒト型セラミド」。

タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。

肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

ポーラ モイスティシモ

モイスティシモ

ポーラは角層研究のエキスパートと言われています。研究を重ねる中で、乾燥の原因が角層の乱れにあることを発見。

角層が荒れたり乱れていると、外部刺激を受けやすく、いくら保湿化粧品をつけてもうるおいが逃げていってしまいます。

ポーラは今では定番となっている保湿成分「ヒアルロン酸」を世界で初めて商品に配合。

そのポーラが研究を重ね、角層ケアに最適な成分として配合したのが「サクラエキス」と「オウレンエキス」なのです。

「サクラエキス」と「オウレンエキス」は角層を修復し、外部刺激を受けにくく、うるおいの逃げにくい肌に導きます。

サイクルプラス

サイクルプラス

美白・保湿といつも話題の成分ビタミンCを、従来の【100倍の浸透力】で肌深部まで届ける【高浸透型ビタミンC(APPS)】を配合!!

「高浸透型ビタミンC誘導体」は変質しやすく配合が難しい成分ですが、ローションとパウダーの2剤式にすることで実現。ビタミンCは様々な肌悩みに働きかけるマルチな成分。

その他にも肌質改善成分に加え、 5種のヒアルロン酸を配合した、まさに【美容液レベル】の化粧水です。

話題のEGF,FGF配合でアンチエイジングにも最適な化粧水で乾燥・くすみ・たるみ・しわ・粉吹きなど気になる肌悩みにお勧め。

ビタミンCはターンオーバーを促す成分!肌をまるっと生まれ変わらせてくれます。

アヤナス



「シワ、たるみ、ほうれい線が気になる」

「残業や睡眠不足でストレスがたまり、化粧ノリも悪い」

「肌のかゆみ、ヒリヒリをなんとかしたい」

「最近、肌の乾燥が気になる…」

女性なら“あるある!”と思う肌のお悩み・・

  1. 安心・安全がカギ!肌ケアの基本特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』により、外部刺激を ブロックし、徹底保湿することで肌のバリア機能をUP 。
  2. エイジングケアも欠かせない!コラーゲン産生量を170%アップで ハリ・弾力のある肌へと導く。
  3. 「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応。高い技術力、独自成分によりダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスな肌へ導く。

※アヤナストライアルセットは、2016年10月にリニューアルされました。

ヒフミド



すこやかな素肌に欠かせない皮膚成分“セラミド”。

外部の刺激や乾燥から守るバリア機能を形成する皮膚成分“セラミド”。バリア機能の高いすこやかな素肌は、皮膚の“セラミド”がきれいに並んでいますが、“セラミド”は加齢とともに減少。

[ヒフミド]は、肌に直接“セラミド”を補充。皮膚に存在するのと同じ構造の“天然型セラミド2”を配合しているから角質層に浸透しやすく、肌のバリア機能をダイレクトに補うことができます。

天然型セラミド2だから浸透力が違う!

【NOV】臨床皮膚医学に基づいた高保湿コスメ



臨床皮膚医学に基づいて考えた、 肌あれ・乾燥がきになる方のためのスキンケアです。

  1. バリア機能サポート(スクワラン、アミノ酸、セラミド3)
  2. 浸透力を高めるセラミド液晶化技術
  3. うるおい成分(α-グルコシルグリセロール、グリセリン、ヒアルロン酸Na)
  4. 乾燥や肌あれが気になる。
  5. 季節の変わり目や生活リズムの乱れでお肌の調子が変わりやすい。
  6. 肌へのやさしさも必要だけど、高い保湿力・浸透力も重視する。

ディセンシア



ディセンシアのうるおい保湿ケアシリーズ。

乾燥肌・混合肌・敏感肌の「乾燥(粉吹き・炎症・かゆみ)」をケア ・敏感肌&乾燥肌の原因、肌のバリア機能をアップ。すこやかな肌へ導きます。

混合肌の粉吹きスキンケアにプラスしたい美容液

【ピュアセラ】



種類のオーガニックオイルに天然ヒト型セラミドと 和漢植物を配合した高保湿な美容オイルです。

最近、雑誌やメディアで人気のオイル美容ですが 一般的にはホホバオイルやアルガンオイル、オリーブオイルなど1種類のオイルが多いですよね。

ピュアセラは保湿に重要な美容成分セラミドを配合しているので潤いを実感しやすいのが特徴。

オイルの働きで肌を柔らかくし、素肌と同じセラミドを奥まで浸透、さらに和漢植物が内側からもセラミドを養っていきます。

※セラミドは肌にもともと存在する保湿には欠かせない成分です。 30代、40代から激減し乾燥肌の原因に。

《毎日お肌に使うものだから高品質なオイルを》

・ホホバオイル、アルガンオイル、マカダミアナッツオイルはオーガニックの世界基準と言われているECOCERTの認証オーガニックを100%使用。

・天然ヒト型セラミドは驚異の保湿力!数あるセラミドの中で保湿力が、植物セラミドの15倍、合成セラミドの3倍と圧倒的に高い「天然ヒト型セラミド」を配合。

・加齢で弱まるセラミドの生産力をサポート。セラミドは肌内の酵素で生産されます。漢方薬の自然治癒力をサポートする理論を元にセラミドの生産を養う和漢植物を配合。

・「消えるオイル」と言われる浸透性の高いマカダミアナッツオイルを配合しているので ベタつかずお化粧前でも安心して使えます。

まとめ

混合肌の粉吹きの主な原因は乾燥です。

肌にしっかりうるおいを与えるスキンケアをしましょう。

特に保湿を意識し、ちょっとした生活習慣を見直すことで混合肌の粉吹きも改善されていきます。

しっかり手をかけてあげると、肌もちゃんと応えてくれます。そして、乾燥知らずのうる肌に近づけるようにしましょう^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です