あなたは混合肌と乾燥肌の違い知っていますか?

肌質には大きく分けて『普通肌』『脂性肌』『乾燥肌』『混合肌』の、この4タイプがあります。

自分がどの肌タイプなのか…まずはそこを知らないと正しいスキンケアは行えません。

間違ったスキンケアは、肌トラブルの元。それを続けていると悪化させてしまうことに。

今回は、『混合肌』と『乾燥肌』の違いはなにか説明していきます。

肌タイプの見分け方

image

自分の肌タイプをきちんと知ることで、正しい基礎化粧品選び、正しいスキンケアが行えるので、最初の大切な大切な第一歩となります。

肌は、その肌が持っている水分量と皮脂の割合で肌質が決まります。

・「角質の水分量」が多い、少ない(しっとり、カサついているなど)により表面のキメの状態、バリア機能をきちんと果たしているのかなどで角層の状態を判断することができる。

・「分泌される皮脂」皮膚表面(ベタつき感)の多い・少ないにより、肌状態を判断することができる。

普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌の4つの肌質とその特徴

【普通肌】

うるおいはあるが、変化しやすい肌

  1. 皮脂量は少なめで水分量が多い。
  2. キメが整っており、角層に水分がしっかり保持されている。
  3. 季節や環境によって、脂っぽくなったりカサついたりする。
  4. 毛穴は比較的小さく、目立たない。

※角層の状態が比較的良好で、うるおいがある。

【脂性肌】

うるおいはあるが、ベタつきやすい肌。

  1. 皮脂量・水分量ともに多い。
  2. キメが整っており、角層に水分がしっかり保持されている。
  3. 過剰な皮脂によりベタつき、毛穴が開いたり、詰まったり、ニキビや吹き出物などできやすい。
  4. 毛穴は比較的大きい。

※角層の状態が比較的良好で、うるおいがある。

【乾燥肌】

カサついてあれやすい肌。

  1. 皮脂量が少なく、水分量も不足。
  2. キメが乱れ、皮溝(ひこう)が浅くなっている。
  3. バリア機能が低下しており、肌トラブルを起こしやすい。
  4. カサつきがちなのでツヤもなく、肌荒れしやすい。
  5. 毛穴は小さく、目立たない。

※全体的に見て、角層の状態が比較的不調なため、うるおいが不足している。

【混合肌】

脂っぽいのにカサつく肌。

  1. 皮脂量が多く、水分量が不足している。
  2. キメが乱れて、皮溝(ひこう)が浅くなっている。
  3. バリア機能が低下していて、肌トラブルを起こしやすい。
  4. ベタついたり、ニキビや吹き出物ができやすくなると同時に、肌荒れてカサつき、粉がふいた部分もある。
  5. 毛穴は比較的大きい。

※角層の状態が比較的不調で、うるおいが不足している。

水分量の多い・少ないにより2つに分けられる。

◆『普通肌』『脂性肌』は、角層の水分量が多い肌。

キメが整い角層に水分が保持されているので、角層が比較的良好です。

◆『乾燥肌』『混合肌』は、角層の水分量が少ない肌です。

キメが乱れて肌が荒れている状態なので水分の蒸発が多く、バリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすく、角層の状態が比較的不調です。

皮脂量の多い・少ないにより2つに分けられる。

◆『脂性肌』『混合肌』は皮脂分泌が多い肌。

肌表面への皮脂分泌が多いため、皮脂過剰による肌トラブルが起きやすく、ベタつき・ニキビ・化粧くずれなど起こしやすい。

◆『普通肌』『乾燥肌』は皮脂分泌が少ない肌。

肌表面の皮脂分泌が少ないことによって、肌トラブルが起きやすく、乾燥によるカサつきや、シワなどできやすい。

『混合肌』『乾燥肌』の違い

『混合肌』『乾燥肌』の違いは、皮脂の分泌量にあるということです。

混合肌・乾燥肌は皮脂の分泌量の違いなのです!

乾燥肌』は皮脂の分泌量が少なく、『混合肌』はパーツによって過剰な皮脂分泌があります。

カサカサ乾燥肌』→乾燥肌とは、その名の通り顔全体が乾燥してしまっている肌状態のこと。皮脂も水分も少ない状態(肌水分量が30%以下が目安となる)

私たち人間の肌には水分が含まれており、柔軟性や弾力をもたらしてくれています。

さらに肌の表面には皮脂膜があり、それが肌の表面の水分を保持し、外部からの刺激から肌を守るバリア機能の役割を果たしているのです。

乾燥が進むと肌のハリ・弾力が低下しシワやたるみが生じやすくなり、その他にもバリア機能の低下で肌のゴワつきや肌荒れ、ニキビ・吹き出物ができやすい状態に。

肌を守ってくれるはずの皮脂の分泌量が極端に減ってしまっているのです。

カサテカ混合肌』→混合肌とは、乾燥しやすい部分と皮脂分泌が多い部分がある。

混合肌の特徴としてはTゾーン(額から鼻筋にかけて)はテカりやすい。

Uゾーン(頬・アゴ・フェイスライン)はカサカサと乾燥していて粉がふいている場合もある。

そもそもTゾーンは皮脂腺の多い部分のため脂っぽくなってしまうのは必然とも言えます。

皮脂腺の多いTゾーンは、テカりが目立ち毛穴も広がりやすく、逆にUゾーンは極端に乾燥しているのが特徴。

この脂性と乾燥が混在している肌質なため、スキンケアもちょっと面倒になります。

『乾燥肌』と『混合肌』の違い…突き詰めれば原因は一緒!?

image

理想の肌ってどんな肌かな?私たちが一番理想とする、良い状態の肌は赤ちゃんから思春期に入る10歳前後くらいの子供の肌かなと思うんです。

目立った毛穴もなく、ふっくらとして弾力があり、しっとり、すべすべな透明感のある肌。

水分がたっぷりで油分が少ないのが特徴…この肌が理想の肌ですよね。

みんなこんな肌で生まれてきたのに、水分は赤ちゃんの時が一番ピークであとは下降していってしまいます。

皮膚は、『表皮』『真皮』『皮下組織』3つの層から成り立っており、表皮層が肌として外から見える部分。

表皮の一番外側の角層は脂質とタンパク質でできていて、皮膚を外的環境から守るバリア機能を形成する重要な層。

さらにその上を毛穴から分泌される皮脂がカバーして、肌をさまざまな外的刺激から守る役割を担っています。角層と皮脂で二重に防水し、肌の水分を保っています。

【赤ちゃんの肌と大人の肌の仕組みは同じ?】

構造はもちろん同じですが、赤ちゃんの肌の場合は、大人より皮膚が薄く皮膚の細胞も小さく、角層も薄いので、皮膚からの水分も失われやすいと言われています。

赤ちゃんの肌水分量は多いのですが、3ヶ月ごろをピークに1歳までには大人レベルに減少。

皮脂も生後1週間後より減り始め、20〜30代くらいにピークを迎え、40代は半分になり、閉経を迎える50代に向かいさらに減少し、加齢とともに減少の一途を辿っていきます。

単純な『乾燥肌』、複雑な『混合肌』どちらも突き詰めれば乾燥が原因です!

乾燥により、角質層の水分が奪われると、バリア機能は破綻…。

角質層のバリア機能を失ってしまった皮膚は、肌表面を保護しようと皮脂分泌が過剰に。これが混合肌のTゾーンの脂性部分。

乾燥したまま皮脂が出ず、膜が張らなければ乾燥肌になります。

乾燥肌と混合肌(脂性+乾燥)は、肌タイプが違うだけでどちらも角質層の乾燥により引き起こされるトラブルです。

混合肌についても同じで、乾燥が原因で生じたトラブルがパーツによって異なる表出の仕方をしたに過ぎないのです。

乾燥肌や混合肌に限りませんが、洗顔後すぐにスキンケアして保湿をしましょう。

選ぶポイントとして大事なのが肌の表面と同時に肌内部もうるおわせること。配合されている成分を重視してください。

肌の水分を維持するためにとても大切な、角質細胞間脂質であるセラミドや、ビタミンC誘導体、水分保持効果の高いヒアルロン酸の成分の入っているものを選びましょう。

混合肌・乾燥肌におすすめなスキンケア商品3選

imageアヤナス



ヒト型セラミド配合でしっかり浸透・保湿してくれるアヤナス。数々のベストコスメ受賞。肌老化を早めてしまう乾燥肌・敏感肌向け。コラーゲン170%アップで肌にハリを導きます。乾燥が酷い、目元のシワ、ほうれい線、たるみ対策に!
※アヤナストライアルセットは、2016年10月にリニューアルされました。

imageアスタリフト



アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピン 配合”Wの赤いチカラ”で、感動のハリを。 先行美容液ジェリー アクアリスタには、ヒト型セラミドが配合されており年齢肌を感じてきた方におすすめのアンチエイジング化粧品です。ハリ美肌への可能性をアスタリフトで実感!

米肌

米肌トライアルセット

あの頃の肌質を取り戻したい人必見です。

100%国産のお米を使用。セラミドを外から補うのではなく、自ら作り出す力をつける『ライスパワーNO.11』を配合しており、水分量が使用前と比べて20%もアップしたデータがあるそう。

乾燥肌・混合肌の乾燥に期待できます!

まとめ

肌悩みトラブルが増えてしまう要因の1つには、水分と皮脂のバランスの乱れが挙げられます。

混合肌と乾燥肌も、皮脂の分泌量の違いが原因でした。

その乱れが過剰になってしまうと、シミ・シワ・たるみなど肌老化が加速していまいます。

それを防ぐためにも、自分の肌質をしっかり見極め、自分の肌質に合ったスキンケアを行っていくことがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です