混合肌の方必見!美肌につながるクレンジングクリームって?

混合肌という少々厄介な肌質には、どんなクレンジングがいいか悩みますね。

クレンジング選びを間違えてしまうと、肌にダメージを与えてしまうクレンジング!中途半端には落とせない…。

クレンジングを使う事は、肌の明るさや滑らかさに繋がります。沢山のクレンジングの中から、優しいと言われる「クレンジングクリーム」について書いてみました。

肌に優しいクリームタイプのクレンジングって実際どうなの?

image

今のメイクは汗や皮脂で崩れにくいように進化して発売されているので、洗顔だけでは落とすことが出来ません。それを浮かせ落とすことが大切なのですが、クレンジングには「界面活性剤」が含まれています。

界面活性剤とは「水分・油分」2つの異なる物質を混じり合わせる役目をします。

これが肌のバリア機能を破壊し、肌に負担をかけ、混合肌などさまざまな肌トラブルの原因になっているのですが、メイクを落とすには界面活性剤は不可欠なんです。

不可欠なのですが、いろいろな種類のクレンジング剤の中でも「クリーム」タイプのものが肌に負担をかけづらくオススメです。

クレンジングクリームは他のクレンジングより「時間がかかる」「完全に落ちた感がない」と思っている方も多いかと思います。

でも、正しい使用法を知ることで美肌に近づけるんです!なにより、クリームは肌にダメージを与える摩擦も少なくて済み肌に優しいです。

クレンジングクリームの特徴

クレンジングクリームは肌に乗せたときに感じるコールド(ひんやり感)があることから、別名コールドクリームとも言われています。

クレンジングクリームは、油分と界面活性剤のバランスがよいので潤いを保ちつつクレンジングが出来るというのが最大の特徴です。そして、肌への負担も比較的少ない。

クレンジングクリームの主な成分はワセリンやミネラルオイルなので油分が多く低刺激。メイクも油分なので馴染みも良くしっとり感を保ちながら落ちはいいです。

クレンジングオイルと比べてしまうとどうしても洗浄力は落ちてしまい、なんとなくベタベタ感が残るかもかもしれないですが、それは次の洗顔で取り除けます。

洗浄力の強いクレンジング剤でゴシゴシ擦り肌に負担をかけてしまうなら、優しいクレンジングクリームで落とし、その後W洗顔をすることで解決出来ます。

クレンジングクリームのメリット・デメリット

【メリット】

刺激が少ないので、肌への負担も少なくて済む。

クレンジングしながら保湿。

クレンジングしながらマッサージ。

クレンジングミルクより、クレンジングクリームの方がなじませやすく肌のすべりも良い。

クリームを洗い流してもつっぱり感はほとんど感じない。

【デメリット】

「さっぱり!」とした洗い上がりではない。

クレンジングオイルより洗浄力は落ちる。

メイクに馴染むまで、他のクレンジングより多少時間がかかる。

きちんと汚れを落とさないと肌にクリーム油分が残ってしまう。

混合肌を改善させたい…クレンジングクリームの効果と正しいケア方法

image

クレンジングクリームの効果を実感するためにも、上手なメイクオフの方法を知りましょう。

☆目元・口元のポイントメイクは最初に落とす。

一種類のクレンジングクリームで落としてしまおうとせず、面倒でもポイントリムーバーで必ずクレンジング。

目元の皮膚生理は頬の三分の一。1日にまばたきを20000回しています。目元は皮脂腺・汗腺か無いに等しく乾燥しやすい場所です。

表情のよく動くパーツ部分はデリケートなので、意識して丁寧にクレンジングする事がとても大切です。今は特に気にならなくても5年後・10年後はっきりと差が出ます。

☆手をよく洗う。

クレンジングクリームを手に取る前に、先ずは手をキレイに洗う。手にはたくさんの雑菌が付いています。肌トラブルを避けるためにも必ず清潔にする。そして、清潔なタオルで完全に水分は拭き取る。

☆クリームの使用量。

さくらんぼ大がおおよその目安です。顔全体にのばして指が楽にすべる量。

もう1つの目安はクリームの容器に二本の指(中指・薬指)を入れ第1関節に乗る量。

チューブのクリームなら中指の先から第2関節に乗る量が適量ですが、使うメーカーによって使用量が異なる場合もあるので使用法は必ず守りましょう。

☆クレンジングクリームを手のひらに乗せ両手に包み温める。

この作業がとても大事です。いきなりクレンジングクリームを顔には乗せるのではなく、手のひらに乗せ体温によってクリームが柔らかくなるまで温めること。

☆クレンジングクリームを顔に乗せる順序。

クリームは両手の中指と薬指を使って内から外に向かって円を描くようにのばします。

額からこめかみ鼻筋、頬、あごと全体に軽くマッサージするようにクリームをなじませる。メイクを浮かせる感覚で、指がスッと軽くなるか、のびの感触が変わってきたら汚れと馴染んだ合図と思っていいです。

Tゾーンの額や小鼻など皮脂量の多いパーツは汚れ落ちが悪いのでゆっくり、優しく、丁寧にクリームを馴染ませましょう。

クリームが肌と手の間でクッション的な役割をしてくれるので、決してクリームをケチケチ使わないように。

クリーム量が足りないとのびが悪く指の摩擦が生じ、負担がかかり肌荒れの原因に…。使用量が少ないと汚れが残りがちなのでちょっとおおめかな?と思うくらいの量がいいです。

とはいえ、メイクが特に濃い場合にはきちんと落とせるようにクレンジングオイルで優しく、短時間で落とすことをオススメします。

摩擦が肌に負担をかけるので、そこは気をつけて下さい。目元・口元専用のクレンジングもお忘れなく!キレイに落としてこそクレンジングの役目をします。使い分けることも必要です。

☆ぬるま湯ですすぐ。

温度の高いお湯ですすぐと、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことに。そして乾燥し、更に皮脂を分泌してしまい悪循環になるので必ずぬるま湯ですすぎましょう。

勢いの強いシャワーも同じ理由(必要な皮脂まで流してしまう)で良くないです。冷水はクリームが固まり落ち切れないのでオールシーズンぬるま湯が原則です。混合肌の方は30°〜32°が適温です。

☆よく泡立てた固めの泡で洗顔する。

クレンジングクリームは、どうしてもスッキリ感を感じづらく、クリームをキレイに洗い流したつもりでも、肌に残りやすいので洗顔料を使いきちんと落としてあげましょう。

泡立てネットでキメの細かい固めな泡をつくり、泡をクッションにし手は触れないように泡を転がすイメージで優しく洗っていきます。極力、摩擦は避けることです。

毛の生え際、フェイスラインは流し残ししやすいので鏡で必ず確認を…。

☆柔らかい清潔なタオルで拭く。

擦らず、押さえるように水分を吸収させます。

混合肌に優しいクレンジングクリームでキメ整う

キメの整った肌は誰が見ても美しいです。

【キメの構造】

  1. 「皮溝(ひこう)」皮膚の表面にある溝。
  2. 「皮丘(ひきゅう)」丘のように高くなっている部分。
  3. 「毛孔(もうこう)」皮溝が交差しているところ。
  4. 「汗孔(かんこう)」汗の出口。

【肌のキメ】

キメの細かい肌は、皮溝が浅く、皮丘が小さく揃っていて毛穴が目立たない。

キメの粗い肌は、皮溝が深く、皮丘が大きく揃っていなく毛穴がめだつ。

キメは性別や年齢などによって異なりますが同じ人でも、外的要因(エアコンによる乾燥・紫外線・喫煙・メイクオフせず寝る)などの影響で変化します。

キメの整った肌は不規則な三角形やひし形が並んでおり、皮溝の幅や深さ、皮丘の大きさや高さが揃っているかで決まり、しっとりしていて毛穴も目立たず透明感があります。

肌のターンオーバー(新陳代謝。正常であれば6週間)が正常に行われているとキメの整ったハリやツヤのあるなめらかで美しい肌になります。

キメが乱れるのは何故?

その一番の理由は「乾燥」です!洗浄力の強いクレンジングや洗顔を使用することで、肌に必要なうるおい成分まで落としてしまうから。

キレイに落とそうとゴシゴシと擦り、無意識のうちに力も加わり、角質層を傷つけバリア機能を低下させる原因になっているのです。

皮脂量が多いと、さっぱりした化粧品(クレンジングや洗顔料)を選びがちになりますが、混合肌はパーツによって皮脂量は多いけど、うるおい不足になっているので十分な保湿が必要な肌です。

脂性肌だと思ってケアしていた混合肌の方が一向に改善されなかったのは結局は保湿が足りなかったという理由です。

まとめ

肌は加齢はもちろん、乾燥、紫外線など外的な要因で変化しますが、クレンジングクリームがいくら肌に優しいといってもクレンジング自体が負担をかける行為なので、力を入れすぎないよう手早く済ませましょう。

クレンジングクリームを正しい使用法で是非使ってみてください。必ず改善したことを実感できるはずです^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です