混合肌におすすめキャリアオイル♡あなたの肌がうるツヤ肌に

混合肌は、脂性と乾燥が混在していてケアするにもちょっとやっかいな肌質です。

脂性と乾燥、どちらも乾燥が原因。

そこで、美容オイルのスキンケア効果のあるキャリアオイルがおすすめ。

浸透力があり、肌を柔軟にしてくれ保湿効果も高いのが特徴なので、混合肌の強い味方に。

スキンケア・ヘアケアなど万能とも言えるキャリアオイルのご紹介です。

キャリアオイルとは?

image

原料となる植物から抽出した100%天然の植物油をさします。

アロママッサージを行う際に、エッセンシャルオイルと混ぜてよく使われ、アロマテラピーでは『エッセンシャルオイル』と『キャリアオイル』の2種類のオイルを使用。

キャリアオイル単体でスキンケアやマッサージに使用したり、エッセンシャルオイル(精油)の原液をキャリアオイルで薄めてアロママッサージなどに使用します。

肌によくなじみ、全身にエッセンシャルオイルを運ぶ(carry)ことからキャリアオイルといわれるようになったといわれています。

◆キャリアオイルを使う理由として

  1. エッセンシャルオイルの希釈。
  2. 皮膚への栄養分の補給。
  3. 肌の軟化作用。
  4. エッセンシャルオイルの成分を体内へ運ぶ。

『キャリア』の言葉には『運ぶもの』という意味があり、エッセンシャルオイル成分を体内に運ぶものとの意味をもちます。

主なキャリアオイル16種類の効能・効果

エイジング→老化防止。

エイジングには、皮膚のたるみや、毛穴のゆるみ・シミ・シワ・乾燥など、広い意味で「年齢を重ねた肌をケアする」ことを目的。

アンチエイジング→アンチ(加齢)・エイジング(ケア)=加齢のお手入れ。

アンチ(anti)は、「抗~」「反~」「対~」の意味。エイジング(aging)は、年齢を重ねていくこと(加齢)であり老化の意味。

アンチエイジングは、「老化を防止する」という意味がより強くなります。

【キャリアオイル♡スイートアーモンド】

image

肌タイプ:乾燥肌・混合肌・敏感肌・加齢肌の方に。

浸透:普通~ゆっくり。

感触:やや粘性。

香り:ほのかにアーモンドの香り。エッセンシャルオイルとブレンドすると、香りは気にならない。

植物の中でも、抗酸化作用の高いビタミンEがもっとも多く含まれており、肌をやわらかくする作用・肌の保湿に、赤ちゃんにも使えます。

酸化しにくく、鎮静作用や美白効果がある。

赤ちゃんのケアには、単品かカレンデュラオイルとブレンドするのがおすすめ。

【キャリアオイル♡ホホバ(初心者におすすめ)】

肌タイプ:すべての肌質の方に。

浸透:とても優れている。

感触:サラッとして滑りがとても良い。

香り:精製ホホバは無臭、未精製はわずかに独特な香り。

肌質を問わず使え、極めて品質が安定しているため、腐敗しにくく、酸化しにくいというのが特徴。

肌の保湿・殺菌作用や抗炎症作用があるのでニキビや吹き出物に効果的であり、エイジングにも適している。

フェイシャルケアからヘアケアまで幅広く使えます。

【キャリアオイル♡オリーブ(初心者におすすめ)】

image

肌タイプ:乾燥肌・混合肌・加齢肌の方に。

浸透:普通。

感触:粘性が高く、重い。

香り:熟したオリーブの香り。

オレイン酸が約70%~85%と豊富でビタミンA・Eも含まれ、シワやシミ予防に、乾燥肌や混合肌の皮脂バランス調整、保湿に優れている。

エイジング・頭皮や髪のケアにも。

【キャリアオイル♡オリーブスクワラン】

肌タイプ:乾燥肌・加齢肌の方に。

浸透:とても優れている。

感触:粘性は低く、サラッとしている。

香り:ほぼ無臭。

もともと人間の皮脂に含まれている美容成分で、紫外線や乾燥、ホコリなどから肌を守る働きをし、天然クリームとも呼ばれています。肌の老化防止し、若返らせるアンチエイジングに向いているオイル。

【キャリアオイル♡キャロット】

肌タイプ:脂性肌・乾燥肌・加齢肌の方に。

浸透:普通。

感触:使うベースになる植物油の性質による。

香り:ほのかに甘いニンジンの香り。

ニンジンに含まれるβ-カロチン・ビタミンEが豊富で、抗酸化作用が強いです。くちびるの荒れ・首のシワ・手荒れ・肌のアンチエイジングに効果的。

【キャリアオイル♡ヘーゼルナッツ】

肌タイプ:脂性肌・加齢肌の方に。

浸透:とても優れている。

感触:ベタつきが少なくのびやすい。

香り:かすかにナッツの香り。

南米産だとオレイン酸が約40%・パルミトオレイン酸が20〜25%ほど含まれ、肌再生する働きがある。日本での入手はちょっと困難。

ヨーロッパ産が主流で、保湿効果を発揮するオレイン酸が75%を占め、美容液などに使われている。

【キャリアオイル♡マカダミアナッツ】

肌タイプ:乾燥肌~普通肌・加齢肌の方に。

浸透:とても優れている。

感触:やや粘性はありますが、ベタつきはあまりない。

香り:ナッツの香ばしい香り。

肌老化に大きく関係しているといわれている「パルトミン酸」が含まれ、これは30歳を過ぎると加齢とともに皮脂から失われ老化の原因の一つといわれる。

マカダミアナッツオイルは、ヘーゼルナッツオイルと同じく、パルトミン酸が20%と多く含まれ、ビタミンも豊富なため、皮膚の若返りを助けるオイルとして人気のキャリアオイル。

肌と同じ脂肪酸成分を持つので肌になじみやすく、のびも良いのでマッサージに最適。

浸透力も高く、その浸透力は「バニシングオイル(消えてなくなるオイル)」と言われるほど。

酸化しやすいリノール酸が1~4%と非常に少ないので、酸化しにくい。

【キャリアオイル♡グレープシード(初心者におすすめ)】

肌タイプ:脂性肌・混合肌・敏感肌の方に。

浸透:普通。

感触:シルクのようにサラッとして肌なじみも良く、軽い。

香り:ほぼ無臭。

ビタミンEの含有量がオリーブオイルの2倍。ビタミンE・ポリフェノールを豊富に含むキャリアオイルで、刺激が少ないため脂性肌・混合肌に適してます。ワイン製造後に残るぶどうの種が原料となるため、キャリアオイルの中では比較的安価。

うるおいを与え、やわらかくするエモリエント効果(皮膚からの水分の蒸散を抑え、うるおいを保ち皮膚をやわらかく)があり、皮脂のバランス調整や、引き締め効果も期待できます。

【キャリアオイル♡アボカド】

肌タイプ:乾燥肌・加齢肌の方に。

浸透:とても優れている。

感触:粘性が高く、のびはよくなく、やや脂っぽい。

香り:独特のコクのある香り。

オレイン酸が70%、その他にレシチン・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB群など豊富。

保湿力・浸透力が高く、乾燥した肌にうるおいを与え、皮膚を柔軟化する効果がある。角質化した、肘・かかと・足裏などのケアにも。

【キャリアオイル♡ココナッツ】

肌タイプ:脂性肌の方に。

浸透:普通。

感触:さらさらと水のように軽い。

香り:ほのかに甘いココナッツの香り。

古くから紫外線対策を目的にサンオイルとして使用されてきたココナッツオイル。紫外線を通さず、日焼けを促進。

皮膚刺激が多少あり、乾燥気味になることがあるので、スキンケアよりヘアケアや手作り石鹸の材料として良く使われています。

キャリアオイルの中では、比較的軽いオイル。

【キャリアオイル♡アルガン】

肌タイプ:すべての肌質の方に。

浸透:優れている。

感触:サラッとしてベタつかない。

香り:ほとんどない。

アルガンオイルは、モロッコにしか生息しない樹木。ビタミンEが豊富でオリーブオイルの2〜3倍です!保湿効果も高く、抗酸化作用による肌老化を防止するアンチエイジングの効果が期待できる。特に、乾燥肌や混合肌のかたにおすすめ。

【キャリアオイル♡ピーチカーネル(初心者におすすめ)】

肌タイプ:乾燥肌・加齢肌・アトピー肌の方に。

浸透:普通。

感触:やや粘性。

香り:ほぼ無臭。

オレイン酸が約60%~65%、リノール酸が25%ほど含まれ、保湿力も高く、乾燥肌や混合肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎の防止や、アンチエイジングに。

肌荒れやかゆみ、湿疹にも効果があることからボディーマッサージ・フェイスマッサージによく使われ、ここ最近、注目されているオイルです。

【キャリアオイル♡カメリア】

肌タイプ:乾燥肌・加齢肌の方に。

浸透:優れている。

感触:使うベースとなる植物油の性質による。

香り:ほぼ無臭か、独特の香り。

椿から採れるカメリアオイル。保湿効果のあるオレイン酸が85%〜90%と、オリーブオイルより豊富に含まれ、一方ではリノール酸が約24%と極端に少ないため、肌になじみやすく、酸化しにくい。

日本のオリーブオイルともいえるオイル。

紫外線から肌や髪を守る効果が期待でき、保湿力と浸透性が高いため、乾燥肌やエイジングケアにも適しています。

【キャリアオイル♡ローズヒップ】

肌タイプ:乾燥肌・加齢肌・アレルギー肌の方に。

浸透:普通。

感触:粘性が高く、ドロッとしている。

香り:やや独特な香り。

リノール酸やα-リノレン酸を豊富に含み、ハリとうるおいを与え、シワの予防・シミの改善・美白などアンチエイジングの美容オイルとして人気。

抗炎症作用があるため、ニキビ改善にも効果的。

【キャリアオイル♡アプリコットカーネル】

肌タイプ:すべての肌質に。

浸透:とても優れている。

感触:とても軽く、すべりが良いので肌になじみやすい。

香り:甘い杏仁の香り。

アプリコットカーネルオイルは、荒れた肌を再生させる働きがあり、肌をやわらかくし、しなやかさやハリを保つ。

オレイン酸の含有量が65%と多く、ビタミン類も豊富。浸透力と保湿効果に優れており、フェイシャルのトリートメントやマッサージに最適。

【キャリアオイル♡カレンデュラ(マリーゴールド)】

肌タイプ:脂性肌・乾燥肌・敏感肌・加齢肌の方に。

浸透:普通。

感触:使うベースの植物油の性質による。

香り:薬のような独特な香り。

ビタミンAやフラボノイドの成分を含み、傷ついた皮膚や粘膜、血管を修復。肌を引き締める収れん作用もあるので、シワ・たるみの予防や改善に。美肌効果の高いキャリアオイル。

妊娠中の方や、乳幼児のオムツかぶれ・湿疹・肌荒れにも安心して使えます。

【キャリアオイル♡セサミ】

肌タイプ:乾燥肌・混合肌・加齢肌の方に。

浸透:優れている。

感触:やや粘性あり。

香り:無臭かほんのりゴマの香り。

アンチエイジングに向いているキャリアオイル。セサミン・セサモリン・セサモールなどビタミンEの抗酸化物質を含むことから、体内の毒素を排出するデトックス効果や、老化防止効果が期待できるためアンチエイジングのスキンケアに向いているキャリアオイルです。

混合肌におすすめしたいキャリアオイル9選

image【スイートアーモンドオイル】

image【オリーブオイル】

image【グレープシードオイル】

image【アルガンオイル】

image【カレンデュラオイル】

image【アプリコットオイル】

image【ホホバオイル】

image【セサミオイル】

◇オイルビュッフェ

image【お試しサイズの選べるキャリアオイル】

【番外編】プレシャスバター・がんばる肌のご褒美に、うるおい閉じ込めるデリシャスバター

◇保湿力も高く、長期保存が可能

image【選べるアロマバターセット】

まとめ

ここでご紹介したキャリアオイル以外にも、まだまだたくさんの種類があります。

キャリアオイルはそれぞれ特徴があり、用途によって使い分けると良いです。

混合肌さんは、Tゾーンの脂っぽさも、Uゾーンのカサつきも乾燥が原因のトラブルなので、保湿効果の高いキャリアオイルを選ぶことをおすすめ。

是非、あなたの混合肌にぴったり合ったキャリアオイルを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です