サンホワイトで混合肌対策!使い方いろいろ万能ワセリン♡

肌の保湿アイテムとしてよく目にする ワセリン。

皮膚科でも乾燥肌の治療に処方されるワセリンですが、肌に優しく安心して全身にも使え、乾燥肌以外にもさまざまな使い方ができると注目されています。

そして乾燥が原因の混合肌さんにおすすめしたいのが「サンホワイト」。

乾燥してる肌に万能なワセリンの特徴や、効果的な使い方をご紹介します。

ワセリンの基本的な使用方法は乾燥肌ケア

img_7989

乾燥肌対策として、ワセリンを用いた保湿はコスパも良く、手軽でとても人気です。

保湿剤のタイプには、①「皮膚から水分が失われるのを防ぐ」タイプのものと、②「皮膚の水分を保つ」タイプの2種類ありますが、ワセリンは、「皮膚から水分が失われるのを防ぐ」タイプ。

ワセリンには皮膚をしっかりとコーティングし、水分が蒸発しないように守ってくれる効果があります。

さらに副作用が極めて少ない安全な成分であることから、肌に不必要な刺激を与えることもありません。

皮膚の表面に留まってくれますので、目元のようなデリケートな部分にも使えるというのがメリット。

一方で、油分によって水分を保持する仕組みなので、ベタつきやすいという特徴もあります。

ワセリンの種類

ワセリンとは、石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもののことをいいます。

ワセリンは大きく分けて4種類。精製度によって名前が異なり、その違いによって効果的な使い方があります。

★黄色ワセリン

 

黄色いペースト状で不純物が残っている状態のワセリン。

医薬部外品に分類されていて保湿に役立ちますが、ただ黄色をしているのは不純物が残っているサインなので顔のケアに向かないのが特徴。

ワセリンの4種類の中では一番純度が低く、不純物の含有量が多いです。

手に入りやすく安価ですが、敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、赤ちゃんは刺激やかぶれを生じる場合があります。

「ヴァセリン(Vaseline) 」が黄色ワセリンの代表的存在です。

ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ ロージー(7g)

 

★白色ワセリン

白色ワセリンは大きくわけて2つの種類に分かれます。

・1つは「日本薬局方」の基準を満たしたもので第3類医薬品扱いの商品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】大洋製薬 白色ワセリン 500g
価格:658円(税込、送料別) (2016/10/30時点)

 

傷ついた皮膚への使用を想定したものなので、酸化防止剤や香料など皮膚の刺激になる物質は一切加えられません。

顔、目の周り、皮膚が薄い赤ちゃんへの使用に適してます。もちろん全身に使ってもOK。

・2つめは「化粧油」。品質は美容目的のスキンケア化粧品と同じくらい。

 

日本薬局方より若干品質が劣るものの、価格が安いのが魅力です。医薬品ではないので、いろいろなお店で購入できます。

ほとんどの方は日本薬局方との差を感じないと思いますが、アトピーなどで皮膚が弱い方は刺激を感じる場合もあるようです。

※1つめの「日本薬局方」白色ワセリンは保険が適用されますので医療機関に行くと処方してもらえますし、自分で購入することが可能です。

健康保険が利くため、安いワセリンをより安く使えます。

白色ワセリンは精製度が高いためトラブルを起こす心配もきわめて少ないですが、だからと言って100%安全だと保証されるわけではなく、いくら不純物を取り除いているとはいえ白色ワセリンにも少量の不純物が残ってしまっています。

特に肌の弱い方の中には、トラブルが出やすくなる可能性は捨てきれなく、特にアトピーの方は白色ワセリンよりも更に純度の高いプロペトなどを使用しているようです。

アトピーや敏感肌の方は注意が必要となります。ワセリンの中でもっともポピュラーな存在ですね。

★プロペト

 

プロペトは、白色ワセリンよりもさらに不純物を取り除いたものになります。

こちらも保険適用されますので病院へ行くと処方してもらえますし、自分で購入することも可能です。

プロペト軟膏は眼科用としても使えるように高い精製度で作られており、不純物が少ないので、目に塗る眼軟膏の基剤として使われることが多いです。「眼科用ワセリン」ということで有名ですね。

白色ワセリンに比べると、色も透明に近くより柔らかく伸びも良いので、白色ワセリンよりも使いやすいと言えます。

★サンホワイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/30時点)

 

そのプロペトをさらに精製したサンホワイト。

ワセリンの中には微量の芳香核含有化合物、硫黄化合物、有色樹脂状物質など不純物が混入しています。

このような不純物としてとくに過酸化物が問題となることがあるのですが、「サンホワイト」は高圧反応技術を生かし、資生堂との共同研究により開発された高精製ワセリン。

過酸化物をほとんど除去してあり経日による酸敗を起こさず、経時安定性に優れ、紫外線により着色しないなどの特徴を持っています。

ただし、価格は普通の白色ワセリンの数倍で、保険適用もされていないのでどうしてもお値段が高くなってしまいます。

品質としては最高になり、純度も高いワセリンです。

混合肌さんのワセリンを選ぶポイント

肌が敏感な人、肌状態が安定しない混合肌の方、少しでも不純物が少ないものを・・・と考える方は、サンホワイトを選択するのがいいでしょう。

黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイトの順番で精製度が高く、精製度が高ければ高いほど不純物が少なくなり、デリケートな部分や敏感肌に使用することができます。

ちなみに薬局などに売られている代表的な「ヴァセリン」は精製度がそれほど高くない黄色ワセリンに該当。

ワセリンの品質と価格は、精製の度合いによって変化します。

価格が安いワセリンは精製度が低いため、不純物が比較的多く、精製度が高いものは不純物の含有量が少ない反面、価格も上昇。

サンホワイトはパッチテストに用いられる!?

パッチテストでは、使用する白色ワセリンによってはそれだけで陽性反応がでることがあります。

日本接触皮膚炎学会では、アレルギー・パッチテストのコントロール基剤(パッチテスト用白色ワセリン)として「サンホワイト P-1(日興リカ)」を採用しているんです。

また、アトピー性皮膚炎のスキンケアに使用されることもあります。

サンホワイトは、過酸化物をほとんど除去しているため経時安定性に優れ、紫外線によって着色しないなどの特徴をもっています。

ただし、化粧品に分類されているため、保険適用はできません。

混合肌に効果的なサンホワイト

混合肌を改善し、平均化するための効果的なアイテムとして、白色ワセリンのサンホワイトを使用するのがおすすめスキンケア方法のひとつです。

保湿剤として、白色ワセリンだけでも十分に効果がありますが、サンホワイトは余計な成分を含んでいないからこそ利用しやすい商品でもありますね。

一般的にリップクリーム、ハンドクリームやスキンケアクリームなどのクリーム類にはワセリンを基剤としている商品がたくさん。

有名なニベアにもワセリンは含まれているんですよ。軟膏でよく使われるオロナイン軟膏やメンターム軟膏も白色ワセリンをベースに消毒薬や殺菌薬どを配合して作られています。

4種類のワセリンのなかでも、サンホワイトは一番品質も良く肌の保湿剤としては優秀であり、角質層には干渉しないで肌の表面を保護してくれます。

そのため肌の水分の蒸発を防いでくれますし、外部からの刺激を防いでくれる効果も担ってくれるのです。

Tゾーンの脂性肌の部分に塗るのは抵抗があるかもしれませんが、しっかり保護することで皮脂の分泌を正常にしてくれますから、安心して使用して下さい。

白色ワセリンの保湿能力は非常に高く、塗布後最大で24時間もの保湿効果を持続させることが可能。

混合肌へのケアというと、とても複雑で難しいと思っている方が多いかもしれませんが、混合肌が発生する仕組みを理解すれば、基本的なケア方法は乾燥肌に施すものと同様だということがポイントです。

ある程度症状に応じて化粧水等の使用量を調節するなどの工夫は必要ですが、いずれも決して難しい対処法ではなく、誰でも行えるようなものばかりです。

ワセリン「サンホワイト」の塗り方

【塗り方の3つのコツ】

1.基本的なことですがワセリンを塗る手と部位は清潔に、不潔にしていたらせっかくの保湿も意味がありません。

2.塗る部位の皮膚を湿らせておくこと。入浴直後であれば水分を完全に拭かない状態で、それ以外の時なら洗顔や化粧水で皮膚を湿らせた状態にしておく。

ワセリンは皮膚のフタをするような働きをするので、保湿するためには閉じ込める水分が必要となります。

3.塗る時はやさしく、こすらないように心掛け、適量を薄く塗ることがワセリンの効果をぐっと引き出すポイントになります。

塗る部分によって使う量も異なりますが、例えば顔や手に使うのなら大豆1個分くらいの量を目安にしましょう。

ワセリンを手に取り、手のひらで少し温めると軟らかくなって、肌に良くなじみます。

手のひらで温めると温度が上がるとともに粘度が下がり、若干サラサラしてくるので非常に塗りやすく上手に薄く塗ることができます。

つけすぎはNG!厚塗りは乾燥の元になるだけでなく、伸ばす時の皮膚への摩擦はシワの原因になります。

皮膚の角質層は、ほんのわずかな水分を空気中へ蒸発させています。サランラップで皮膚を覆うと、毛穴から出た水分でラップが濡れることを確認できるはずです。

この水分は再び角質層へ吸収されますが、時間が経つと再び蒸発。この時、角質層に存在しているセラミドなどの「角層細胞間脂質」、角層に含まれる「天然保湿因子」も外へ逃げるのです。

ワセリンを薄く塗れば、角質層が水分を蒸発させるはたらきを邪魔しないまま、皮膚の乾燥を予防できます。

厚く塗るとサランラップと同じ現象が起きて、皮膚の内側から水分が失われます。感触もだいぶベタベタするので、油っぽいのに体がかゆくなることも。

もしつけすぎたらティッシュオフを。

ワセリンは花粉症対策やいろいろなケアにも

【花粉症にワセリン】

お風呂あがりや外出前に鼻の中に塗りますが、綿棒を使うと塗りやすく、鼻の中にはたっぷりと塗りましょう。塗る量が少ないと効果が感じられない場合もあるようです。

そして鼻の周りにも。花粉の侵入を防ぐ効果と、鼻をかみすぎると鼻の下が赤くなったりしますが、保湿効果によって赤くなるのも防ぎます。

デリケートな目の周りに使用することを考えると、精製度の一番高いサンホワイトがおすすめ。

さらに、症状がひどいときにはユーカリや、ペパーミントアロマオイルを極少量混ぜてから塗ると、鼻がスーッとして気持ち良いですよ。(オイルが多いと荒れる可能性もあるので注意は必要)

【シワ予防】

乾燥は、シワの原因の1つ。保湿力のあるワセリンは、シワ予防にもなるのです。傷口やニキビなどの上から塗っても問題ありません。

【化粧下地】

化粧下地としてワセリンを使う方法。これは皮脂が浮いてファンデーションが崩れるといった悩みをお持ちの方にオススメの方法。化粧下地にワセリンを塗ることで、紫外線ダメージを受けにくくなり、ファンデーションのムラが生じにくくなるというメリットもあります。

【リップケア】

唇の乾燥を防ぐためにリップクリームを使っている人がいますが、ワセリンを持っていればリップクリームの代わりにもなります。

【まつ毛の美容】

ニベアなどもそうですが、油分でまつげがしっかりと保湿・保護され、ピンと張った健康なまつ毛にしてくれます。育毛には根本の皮膚の保湿が大切。まつげに塗り続けたら、長く濃くなったという方が多いようです。

【メイク直し】

マスカラがついた時、綿棒にワセリンを少量取り、その部分につけてふき取りましょう。マスカラやアイライナーなどがキレイに取れます。

【日焼けケア】

日焼けは軽い火傷のようなもの。もちろんしっかりと冷やしてあげなければいけませんが、その後最も大切なのは保湿。

【赤ちゃんにも】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーワセリン(60g)【1609_p10】[アトピー性皮膚炎 ベビー用品]
価格:513円(税込、送料別) (2016/10/30時点)

 

赤ちゃんに使う場合、普通の白ワセリンを使うのが不安という人は「ベビー用ワセリン」というのもあります。これだと安心して使えますね。

【枝毛などの傷み】

保湿メインのアイテムなので、髪の毛先など傷んでいる部分や、髪の乾燥が気になる部分のケアにも使用できます。米粒程度のワセリンを手のひら全体にのばし、それを髪の毛の気になる部分につけていくだけ。ドライヤー後、毛先に軽くつけるとしっとりまとまります。

【ささくれやひび割れ】

かなりひどい場合、一度塗り込んだ後に「乗せるように」多めにワセリンを塗り、その上から絆創膏やガーゼなどでフタをしましょう。

カサカサな肘、かかとのケアにも勿論使えます。

【虫刺され】

虫刺されでイヤなのは痒みと痕が残ることですね。ワセリンをすぐに塗っておくと痒みも消え、痕も残りにくくなります。

【スポーツの前に】

マラソンやジョギング、激しい運動の前には擦れ防止に乳首に塗るスポーツマンも多いとか。かかとに塗ることでも靴ズレ・マメの防止になります。

【香水の持続】

かの有名なマリリンモンローもやっていたという活用術。香水+ワセリンで香りが長持ち。ワセリンに好きなアロマを混ぜればオリジナルの練香水にも。

【革製品のお手入れ】

革製品などのお手入れにワセリンが使えます。専用のオイルがなくても、鞄や靴がピカピカに。

ワセリン使用期限

ワセリンの使用期限はどれくらいでしょうか?

実はワセリンは、メーカーが定める規制よりも一般的に長い期間使えるものなんですよ。

【ワセリンの劣化の原因】

①《腐敗》
食物の劣化の最大の原因は腐敗させ、食物エネルギー源とする細菌・菌類などが食物を分子レベルで分解し腐敗させるから。

しかし、ワセリンには細菌・菌類のエネルギー源となる物質が含まれていません。そのためワセリンは通常腐敗しないとされます。

②《酸化》
酸化とは、物質から分子レベルで他の物質と反応して電子が奪われる現象です。

たとえば、鉄は酸素(O2)と反応して、酸化鉄になります。この場合、鉄の電子は酸素(O2)に奪い取られた状態で、紙や木材の燃焼はそれらの中の炭化水素が酸素と反応している現象です。

一般に酸素は、他の物質から電子を奪い取り相手を酸化させるパワーがあり、酸化した物質は、サビや燃料の事例どおり、一般に劣化します。

ワセリンに不純物が含まれる場合、これらが酸化し変色の原因となりますが、ワセリン自体は、酸素に対しても非常に安定した性質を示し、数百度の高温にならない限り、常温で酸化されることは通常ありません。

③《紫外線》
紫外線とは、放射線の一種で物質を破壊する可能性があります。

紫外線にさらされた皮膚は劣化しシミやシワの原因となりますし、プラスティック(高分子有機化合物)は、紫外線で劣化しボロボロになる事例は日常的に体験していることですね。

ワセリンに不純物が含まれる場合は、これらが紫外線のため変色することがありますが、ワセリン自体は、紫外線に対しても非常に安定した性質を示し、通常の生活における程度の紫外線では劣化や破壊は観察されません。

※色やニオイに変化がなければ数年は余裕で使用可能。腐敗・酸化・紫外線に対して、安定した性質のため、ほとんど劣化することなく、何年でも使用可能です。

しかし不純物や強烈な環境変化で劣化することがあり、通常そういう場合は色・ニオイに変化(正常な状態は、白色・無味無臭)が発生しますので、そういうなってしまった場合は使用されないことをおすすめします。

まとめ

ワセリンは基剤となるクリームでありながらも無害・中性であるという利点でとても用途が多く、肌に浸透させた成分を蒸発させない、肌を乾燥させないという面ではとても優れている製品です。

ワセリンの原料は石油を高純度化し、精製された保湿剤で、そのため肌に塗ると外からやホコリ、ハウスダストなどの細かいものが皮膚(ないし毛穴)に付着することを、防ぐ働きをします。

多くの方は肌にトラブルを抱えているうちは、治すことに注力していまいがちですが、やはり最後に頼れるのは自己再生力なので、きちんとした洗顔・保湿・食事・睡眠などを規則的に取ることで再び、肌が自己再生力を取り戻していくでしょう。

バリア機能が低下してしまっている混合肌の方には、精製度の一番高いサンホワイトがおすすめ。

弱ったバリア機能を高めてくれる効果があります。

が、ワセリンはあくまでも皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐに過ぎなく、角質層自体の水分保持力を取り戻す効果はありませんので、ワセリンでは乾燥肌の改善は望めません。

一時的な対処法だという点を理解した上で使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です