アルビオン乳液で混合肌改善♡その魅力について

ALBION(アルビオン)て知ってますか?

多くの雑誌でも良く目にするようになったロングセラーの『薬用スキンコンディショナーエッセンシャル』は『スキコン』と呼ばれあまりに有名ですね。

私も以前、混合肌に悩み愛用していた商品です。

でも今回はアルビオンの乳液についてご紹介したいと思います。

アルビオンの乳液は使い方が特徴的なんです。

 

アルビオンは、乳液先行型

image

引用元:http://goo.gl/oZUEa0

アルビオンは他社の乳液とは役割も違います。

他社の乳液だと、化粧水のうるおい成分を肌に閉じ込めておく「薄い膜」のような役割をしますが、アルビオンは乳液が先なので薄い膜を張る役割はありません。

そのため私がスキンケアの順番は必ず守ってくださいと言っていた「洗顔→化粧水→必要に応じて美容液→クリーム」はアルビオンには当てはまらないことに、、、。

ですが、アルビオンはこのスキンケア方法が最大限に発揮する順番ですから混合肌改善の期待も大きいですね。

【アルビオンスキンケアの使用手順】

  1. クレンジング・洗顔
  2. 乳液
  3. 化粧水
  4. 美容液orクリーム(フタの役割)

スペシャルケアとして、ミルクマスク(乳液マスク)など。

アルビオンはこれが必須で、もしこの②・③の順番を変えてしまったとしたら❝アルビオン化粧品❞の良さが発揮出来ず、乾燥し混合肌トラブルも悪化してしまうでしょう。

【アルビオンの乳液とは?】

アルビオンの場合「洗顔後、まず乳液」です。

洗い立てのまっさらな素肌が喜ぶものは乳液。

常識やルールに捕らわれず辿り着いたアルビオン流のスキンケア方法。

アルビオンのケア方法で真っ先に乳液を与えた肌はやわらかく、ふっくらとし、しなやかでハリのある肌に整います。

理屈ではなく、肌実感で生まれた常識を覆す美容システム。創業当時から変わらず、乳液から始めて美しい肌へと導いてきてくれたのです。

アルビオンの乳液は、なぜ洗顔後?

アルビオンの乳液は、水分・油分・保湿成分が角層のうるおいにとても近いバランスで出来ているから、洗顔後、乳液を与えてあげればスムーズに角層に浸透し、うるおいバランスを整え、健やかでやわらかな肌を保ってくれるんですよ。

洗顔後の肌が一番求めているのは、『角質のうるおいバランス』

アルビオンの先行型乳液は『うるおいバランスを、肌が得ることが出来るよう導こう』と日々、研究しているとのこと。

そしてアルビオンの乳液には、特に3つのこだわりがあります。

厳選したこだわりの保湿成分配合。

人が本来持っている保湿成分に近い成分を研究して配合しています。

厳選された油性成分(オイル成分)使用。

アルビオンの先行型乳液は、肌の悩み、肌の状態に合わせ10種類以上の商品が揃っていますが、それぞれの乳液に使用している水との相性・肌へのなじみの良さを厳選し、最も適したオイルを配合。人の皮脂に近い成分を厳選しているのです。

他のメーカーにはない乳化技術。

乳液を製造する際は、水と油を混ぜ合わせるために「乳化技術」が使われるのですが、アルビオンのこの「乳化技術」は他のメーカーには真似出来ない技術なのだとか、、、。それは、、、もちろん企業秘密です。

基本的なアルビオン流スキンケア

  1. クレンジング・洗顔:皮脂汚れや、ファンデーションなどの汚れを落とし肌を清潔に。
  2. 乳液:まっさらな肌が求めているうるおいを与え、やわらかな肌に導きます。
  3. 化粧水:みずみずしく肌をひきしめキメを整える。
  4. 美容液orクリーム:肌をいきいきと保ちます。

乳液の適量はポンプ3回分くらい(ティースプーン1杯)です。結構多く感じるかもしれませんがこれが「適量」で肌が求めるうるおいの量なのです。

この3プッシュを使うことで、肌のすみずみにうるおいが届けられ肌表面はなめらかで、肌内部はうるおい、バランスがとれた状態にしてくれます。肌の表面だけでなく、角層全体にうるおいを届けてくれるアルビオンの乳液。

ケチっては効果も発揮出来なく使う意味がなくなるので適量をきちんと使用してくださいね。

赤ちゃんの肌はとてもやわらかく理想ですよね。肌が求めているうるおいを、求める分だけ与えてあげた肌は吸い付くようにもっちりとし、ツヤがありやわらかいです。そんな肌はキメも整って透明感があります。アルビオンはそんなしなやかな肌に導いてくれます。

【コットンレッスン】

もっと心地よく、もっと効率的に!!肌表面は毛穴などの細かい凹凸がたくさんあります。その肌にコットンで乳液をなじませることで、ムラなく角層のすみずみまでうるおいを届けられます。手でなじませるより、ずっと効果的ですよ。

またアルビオン専用のコットンを使うことも、乳液の効果を最大限に発揮できるポイントだと思います。

  1. 利き手とは反対の手の、人差し指と中指のあいだにコットンをはさむ。(この時点では、一か所しかはさんでいない状態)
  2. コットンにポンプ3回分くらい(ティースプーン1杯)の乳液をとる。
  3. 利き手にコットンを持ち替え、軽く中指に挟む。

【なじませ方】

  1. コットンにとった乳液を顔の5点(額・両ほほ・鼻・あご)に置く。
  2. まずは、ほほから。内から外へ、下から上へ、クルクルとやさしく、ゆっくりらせんを描きながらなじませる。
  3. 目のまわりはデリケートなので、力を入れずにソフトタッチで。額は内から外へ向かってなじませる。
  4. 小鼻や口もとは、ざらつきが気になる部分なので特に丁寧に。
  5. フェイスラインは、あごの裏から耳の後ろくらいまで包み込むようにしっかりなじませます。肌になじむまで繰り返し、乾燥の気になるパーツはさらに重ね塗りぬり。

アルビオンの乳液を与えた後の肌は・・・

♡うるおいたっぷりのツヤのある肌に。

♡毛穴が目立たなく、キメが整いふっくらとした肌に。

♡触れるともちもちで、やわらかい肌に。

♡外的刺激(摩擦など)に影響されにくい肌に。

外的刺激に負けないバリア機能を!

皮膚のもっとも外側にある角層は、内側のうるおいの蒸発を防ぎ、外からの乾燥や刺激を寄せつけない、いわば外壁のように肌を守るバリア層です。

混合肌の乾燥や肌の不安定さに悩むならこの“角層=バリア機能”をなんとかするのがポイントです!!

混合肌だからこそ角層を、うるおし、整えるアルビオンの乳液を♪

混合肌におすすめアルビオンの乳液

EXAGE|エクサージュIII アクティべーション モイスチャー ミルクIII

濃密に、乱れがちな角層を整え、ふっくら、弾むような肌触りに。角層のすみずみまで濃厚にうるおい、リッチでコクのある感触で角層に溶け込むように浸透し、肌のうるおいバランスを整えます。

 

 

EXAGE|WHITE  ピュアホワイト ミルクIII

濃密なうるおいで、もっちり美白。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎながら、しっとりと充実した透明感ある肌に導く薬用美白乳液。角層のすみずみに溶け込むように浸透しうるおいバランスを整え弾むような肌に整えます。

 

まとめ

化粧品ブランド《ALBION(アルビオン)》は、他の大手化粧品メーカーと比べたら規模や知名度において少々低い印象に感じるかもしれませんが、その歴史とこだわりと、支持する人の多さでは一流のメーカーです。

特に、雑誌などメディアでよく取り上げられている「アルビオン薬用スキンコンディショナーエッセンシャル」は「スキコン」の名で知られており42年の歴史を持つロングヒット商品になっています。

そんなアルビオン商品をはじめ、乳液は「乳液先行型」

アルビオン独自のスキンシステムを確立し「乳液のアルビオン」と言われるまでに、、、。

混合肌改善に、理想とする肌に近づくためにアルビオンの乳液をぜひ一度使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です