アベンヌ~奇跡の水。混合肌をうるおす魔法の化粧水って?

肌悩みで選べるアベンヌのスキンケアシリーズ。

アベンヌの商品は「敏感肌」「混合肌」「乾燥肌」「脂性肌」など、自分の肌質に合わせてシリーズで選べます。

「エイジングケア」や「透明感がない」などのピンポイントでの悩みに応じたセレクトも出来ますが、今回は混合肌用の化粧水について書いてみようと思います。

本場フランスでは皮膚科医が処方しているアベンヌ化粧水

image

引用元:http://masi-maro.com/det/10998

アベンヌは南フランス生まれの「温泉水100%」をベースにしたスキンケアシリーズ。大自然の中で発見された温泉水を生かして「肌にいい水」として働き肌本来のチカラを呼び覚ましてくれる商品。

その温泉水は270年も前に発見され、あの有名なナポレオンもその効果に注目し、皮膚疾患の治療施設をアベンヌ村に作ろうと計画したとか…。結局、施設は実現されなかったようですが…。

世界でも有数の複雑な地層を持つ南フランス。山あいに降る雨は今から5億年も前のカンブリア紀に出来た地層に浸透し、50年以上の時間をかけて濾過され、地上に湧き出ます。

マグネシウム・カルシウムなどのミネラルがたっぷりのアベンヌ温泉水は、肌をやわらげ、みずみずしくなめらかにし、複雑な混合肌を優しく落ち着かせてくれます。

カルシウムとマグネシウムの割合は2:1。このバランスが肌に良いのだそう。PHは中性に近い7.5。無着色・無香料・アルコール(エタノール)フリー・透明です。

スキンケアシリーズの中でも、肌の基礎となるアベンヌの化粧水は、本場フランスでは皮膚科医も処方しているほど安全な化粧水なんです。

日本にも(湯治)という言葉があります。昔から温泉を病気や皮膚病の治療に役立ててきていますが、ヨーロッパでも温泉水の効果に注目していたのですね。

ピエールファーブル氏(薬剤師)が創業した、ピエールファーブル社は1961年創業。フランス・ヨーロッパでは、今でも医薬品・デルモコスメティック(デルモとはフランス語で皮膚。皮膚科学化粧品のこと)・ホメオパシーなどの分野の企業として有名。

ピエールファーブル社と資生堂が共同し作ったのが、日本での発売元になっている、ピエール ファーブル ジャポン社。

1986年にピエール ファーブル ジャポン社が設立されて以来、フランスでも日本人モニターの協力でテストを繰り返し、日本人の肌に焦点を絞った研究を重ね続けた結果、スキンケアのブランドとして長く愛されるまでに成長。

特にユーザーの多い日本向け商品に関しては、日本人の肌にフォーカスした商品の開発を行っているので混合肌など悩みの多い肌には安心して素肌を委ねられるアイテムです。

そう!日本のアベンヌは、日本人の肌専用商品。

フランスではアベンヌは薬局で売られているそうです。皮膚科のドクターが処方するスキンケア化粧品なんですね。

日本では、処方箋なしで購入できます。

こんな方や、こんなときにおすすめ

  1. 肌が乾燥しやすい方
  2. 全体的にベタベタと脂っぽいのにカサつく方
  3. 部分的に脂っぽいパーツと、カサつくパーツがある
  4. 肌荒れやカサつきが気になる
  5. 肌全体、すみずみまでうるおう化粧水をお探しの方

【アベンヌは肌タイプ別に応じて3種類がラインナップ】

★真性敏感肌:スキンバランス ローションSS《サラッとしたテクスチャーで、肌に保護膜をつくって、なめらかな肌に…》

★敏感肌・乾燥/混合肌:ディープモイスト ローションD《まろやかな使用感でたっぷりうるおい、しっとり肌に…》

★脂性肌:オイルコントロール ローションAC《皮脂のバランスを整えながら、みずみずしい肌に…》

*おすすめとしては、アベンヌウォーターで肌を落ち着かせてから使用した方が、肌馴染みが良くなってより効果的ですよ。

混合肌におすすめ「ディープモイストローション D

imageアベンヌ温泉水配合

アベンヌ温泉水が熱さを「スーッ」と抑えてくれなめらかな肌を維持してくれます。

image皮膚の表面に保護膜

保湿成分が、肌表面に保護膜をつくり、肌を乾燥から守ってくれます。

imageアベンヌ独自のシステムで、うるおいキープ

ムチンライク・『シーロケットエキス』・ヒアルロン酸誘導体配合。この3種類の保湿成分を組み合わせたアベンヌ独自の『うるおいキープ&ムーヴシステム』で混合肌にたっぷりのうるおいを蓄える。保湿成分たっぷりの化粧水なので、コクのあるまろやかなテクスチャー。たっぷりのうるおいで満たしてくれます。

『シーロケットとは』

砂地に生える一年草でオニハマダイコンのこと。沿岸などに生息する植物で体内に「細胞内浸透圧調整機能」を持つ成分があり、塩分や乾燥などのダメージから身を守っているため、砂地や海岸など、乾燥や塩分を含む波しぶきにも強い耐性をもっています。この、シーロケットから抽出した成分が「シーロケットエキス」です。

『うるおいキープ&ムーヴシステムとは』

アベンヌ温泉水で肌を落ち着かせながら、水分と3つのうるおい成分をた〜ぷり補給♡

角層細胞の循環と、保水バランスを整え、うるおいバリアも整えます。

imageヒアルロン酸誘導体(ヒアルロン酸Na)ヒアルロン酸誘導体が角層細胞外環境の保水バランスを保つ。

imageムチンライク(コンドロイチン硫酸Na)角層内にうるおいをキープ。保水力強化。

imageシーロケットエキス(オニハマダイコンエキス)角層内の水分環境を整えてくれる植物性成分。

混合肌の方におすすめアベンヌ化粧水【紹介・口コミ】

◆ディープモイストローション D◆

化粧水(敏感肌・乾燥/混合肌の方)肌にうるおいを蓄え、しっとりまろやか化粧水。

 

混合肌で、テカリも乾燥もあり色んな化粧品を、試しても合わず困っていました。アベンヌに出会ってから季節によって乾燥用、混合用など使い分けお肌の調子がかなり良くなりました!余計な成分も含まれていないので肌が荒れていても使えます!!

 

化粧したあとにすぐに崩れてしまうので、化粧をミストでフィットさせようと思い購入しました♪
化粧後にシュッ化粧後以外にもお風呂から上がったあと、すぐにシュッ(プレ化粧水として)
乾燥を感じた時化粧の上からもシュッ髪が乾燥してる時もシュッ♪
携帯もしやすいし本当に便利です♪家族で使ってます★

基本的な使用法

  1. 朝晩の洗顔後、アベンヌ ウォーターで肌を落ち着かせた後に使用。(より、効果を実感したい場合はアベンヌ ウォーターを使用してみてください。)
  2. コットンに500円硬貨大よりやや大きめをとる。
  3. 肌全体に優しく馴染ませる。強くこすったり、パッティングは刺激になるので避けること。
  4. 混合肌の乾燥が気になるパーツには重ねづけを…。

美肌を保つための混合肌の悩み対策や、生活改善のポイント

美肌は健康的な生活習慣から生まれます。

【脂っぽいのにカサつく混合肌】

ホルモンバランスの乱れやストレス、間違ったスキンケア、肌に合わない化粧品が原因となっています。

Uゾーンはカサカサして乾燥しているのに、Tゾーンはベタついて化粧くずれしやすいという、脂っぽいのにカサつく混合肌…。

こんな状態の混合肌は、顔のパーツごとに皮脂と水分のバランスが異なり、季節の変わり目、気温の変化、乾燥など環境の影響をどうしても受けてしまいがちです。

そうなってしまう原因には、ストレス・生理前後のホルモンバランスの乱れや、喫煙・紫外線・肌に合わない化粧品・間違ったスキンケア・エアコンによる乾燥などが考えられます。

【混合肌にはしっかり保湿ケア】

メイクをした日は、きちんとクレンジングを行いましょう。

洗顔料は、混合肌に合ったものを。

その後、化粧水でたっぷり水分補給。

特に乾燥が気になるUゾーンにはさらに馴染ませると良いでしょう。肌がみずみずしくふっくらするまで丁寧に付けてあげることが大切です。

ベタつきや、テカりの気になるTゾーンはさっぱりタイプ、乾燥しがちなUゾーンはしっとりタイプとパーツ別にケアしてあげるのもおすすめです。

まとめ

なにかとトラブルの多い混合肌。

メイクの基本はまずは、化粧水で肌を整えることが重要。

悩みの混合肌にしっかり化粧水を与えて、基礎を作りましょう。アベンヌの化粧水を是非、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です